ヒロイック・エイジ【第2話】

見つけた猿(エイジ)を宇宙船に連れ込んだは良いが、猿は数字も解らなければマナーも無い。

艦内で放置しておくと、青銅の虫が襲って来たために宇宙船の外郭を素手で破り、宇宙空間へ出てハクオロ化して戦ってしまう。
虫を倒すと、目の前にコウイチ(銀の種族)が・・・


最近では生身で宇宙空間を闊歩するのが当たり前になってきたが・・・TVを見た悪い子が真似をしないか心配です。

それはさておき、エイジはやっぱり礼儀しらずの野生児みたいで、感情移入は不可能そう。
キャラクタの相関関係も、世界観(聞かされても脳が拒絶する)も難解で、12の契約とかから、エイジが人間を覇者にするらしいと解るが今いちのめり込めない。

2話に居たっても、面白いのか面白くないのか判断が付かないというのも厳しい作品だ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ヒロイック・エイジ【第2話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント