護くんに女神の祝福を!【第24話】

何時もの調子で原初への帰還から帰還した絢子と護。
先週巡航ミサイルっぽく飛来して肉眼で捉えられていたミサイルは、一回引き返したのか姿を消しており、弾道ミサイルが接近。

正樹は支離滅裂で、なんだか分けわかんねえ状態、もっともヨハンもマリアも同様・・・視聴者も理解する気が失せているから良いけど。

絢子と護は二人で迎撃に向かい、成層圏で云々言う高度でミサイルを迎撃、先週までの問題は全て解決・・・あっそうて言う感じ。

まさかここで感動しろとか無理言いませんよね?制作者サイドさん?

あとは生徒会長の卒業式を含む後日談で、2クールのイライラアニメは終了(まあ1クール目まではそれほどでもなかったが・・・)。


物語の主人公は感情移入がしやすいように標準よりちょっと下の設定にするのが普通ですが、最近世間の標準が下がったのか、制作者がおかしいのか主人公を下の下の設定値とする作品が多く、感情移入が出来ません。

本来主人公がモテモテになれば、視聴者もその気になれるものですが、視点が第三者になってしまうため、なんでこんな奴にと言う気になってしまいます。

また、今作はキャラの掘り下げが少なく、スポットが当たれどもその人の行動原理などの説明がないため、ただ好きとかそういうものだとかの状況しか見て取れないので、キャラ全部が薄っぺらい印象を受けます。
生徒会役員など、毎週のように出ていても結局生徒会長と汐音くらいしか名前を覚えられなかった。

そして物語の最後の方では、一貫性というものが消え、言動が支離滅裂、特に正樹、マリア、ヨハンが酷く、ミサイル迎撃時のマリアの「ばかよ、なんで大人たちの争いを・・・云々」て、どっから出てくるセリフなんだか・・・理解できません、笑うことも出来ません。

メガデレと言う言葉に振り回されたのかも知れませんが、小説原作のアニメの中では最低の部類に入るのではと思います・・・最も原作を知りませんが。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"護くんに女神の祝福を!【第24話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント