ゴーストハント FILE8#4【第25話】

夜になり死霊の襲撃を受けた吉見家。
死霊はナルの部屋を目掛け殺到し、かまいたちを操り迎撃する麻衣たちを攻撃。
スパスパ切られ劣勢を強いられる中、ぼーさんが独鈷杵を窓枠に刺して結界を張り、部屋への侵入を阻止する。

翌朝を迎え、死霊襲撃時にお経が聞こえたことから、三六塚に祭られた行者の霊が他の死霊を使役していると推察、ぼーさんとジョンが除霊に向かおうとするのだが、一晩結界を張り疲れきったぼーさんを配慮し、綾子が自信満々に名乗りを上げる。

何時も不甲斐ない姿を見せ、皆に馬鹿にされていた綾子だが、今回は条件が揃っていたため、遂に本来の力を見せる。

生きた木の精霊の力を使う綾子は、あたり一面の霊を除霊してしまう・・・やっと活躍できその能力の説明がなされるが、綾子は限定能力なため都会では役に立たないと言うことを暴露したのかな?

これで全部片がついたのかというと、そうではなく綾子は霊ではないものが残っていると言う。

霊ではなく特別の力を持つものと云う所から、元凶はおこぶ様と判明。

一旦吉見家に戻ると、眠り続けていたナルが、ど不機嫌で復活をとげている。

そして、ナルは資料を見ただけで事件の経緯や背景までも言い当て、皆をバカにしたうえで、自らの自尊心のため、おこぶ様の除霊を決定してしまう。

除霊は疲れ切ったぼーさんが始める・・・おぉぉ真砂子が洋服姿だ!

お経がすすむと洞窟が熱を持ち、心臓のように蠢き、鼻息が聞こえ、入り口が閉鎖、岩肌にプリティな顔が浮かぶ。

顔は洞窟内を飛び交い始め、最後の決戦とジョン、リン、綾子、麻衣がそれぞれの攻撃できりなく退ける。

ぼーさんの除霊も最終段階に入り、おこぶ様を独鈷杵で割るだけになるが、刺しただけでぼーさんが吹き飛ばされ、後をついでジョンが割りに行くが抜いた時点で同様の目に。

越後屋も勇気を見せるが近寄ることも出来ず、そこでナルが「その程度か。」と上から見下ろす、拳法物の師匠のような物言いを行い、たまらず麻衣が爆発。
「いい加減にしなさいよ。皆あんたを助けるのでとっくに限界がきてんのよ。たかがあんたのプライドのためだけで、どーしてそこまでしなけきゃなんないわけ。ばっかじゃないの。そんなにプライドが大事なら人に頼らないで自分でやれば、他人に護ってもらうプライドなんてなんぼのもんよ!」と叫ぶ。流石にその間はおこぶ様も手出しできず、ナルも「正論だな。」と返すのがやっと・・・

怒った麻衣はぼーさんを連れ立って帰り始める。

一人取り残されたナルは遂にそのベールを脱ぐ、ナルはミュウ(そのため人付き合いが悪いと見た)だったのだ、その力を以って祠ごとおこぶ様を破壊し事件を解決する。

しかし、ナルはその力故倒れてしまい、病院送り、集中治療室行きとなってしまう。

挑発して力を使わせたことを後悔すして涙を流す麻衣に、直ぐに良くなるとリンがフォローする。

そして、その通り良くなるナル、それを囲む何時もの面々、全て事も無く麻衣の嬉し楽しの日常が続く。


最終回っぽく盛り上がった内容でした、全員の能力が発揮され活躍し日常が続いていくという締め方見事です。

麻衣がこれから能力を何処まで伸ばしていくのか興味あります、第二期とかあれば見てみたいです。

総括
当初期待した作品ではなかったのですが、FILE2あたりからワクワクと半年間魅せて頂きました。

何より麻衣の一人称は視聴者の気持ちを代弁してくれることが多く、ただの嫌味なだけの人間も麻衣の心の声で楽しめました。

役立たずな能力者の集団で、手に負えない事件は逃げ帰るなど、企業と云うよりは同好会に近い気がしますが、それが麻衣に発言の機会を与え、自らの能力を開花させて(得な能力かは不明)行くのが良かった。

ただ、麻衣の登校問題は解説されましたが、あゆ(Kanon)の学校並というのは納得が行きません。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ゴーストハント FILE8#4【第25話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント