コードギアス 反逆のルルーシュ【第19話】

今週は、カレンやユーフェミアの生足、生尻眩しい南の島のバカンス編。

C.C.のサプライズプレゼントで無人島に誘われたルル、スザク、カレン、ユフィーの四人。

カレンは裸の水浴びでルルを誘うが、覗きに訪れたのはスザク。

怒ったカレンはスザクをどつこうとするが、空気を読めないスザクに返り討ちにあってしまい、あまつさえ拘束プレイまでされてしまう。
画像画像画像


ユフィーは、ドレスを着たままのヌレヌレ作戦に出るが、こちらもスザクでなく出会ったのはルル。

ルルは扇情的なユフィーにマスクを被り武器で脅してどうこうしようとするのだが、あっさりと正体がバレてしまう。
画像


ルルはバツが悪いがマスクを取って正体を明かす、それでもルルはユフィーを剥く事には成功したらしいw
画像


C.C.のサプライズプレゼントには食事は用意はされていないので、自前で用意することに。
スザクは自前の運動神経で魚介類を必要以上に捕獲し、甲斐性を見せる。
ルルは得意の頭脳を使って罠を作ろうとするが、体力が追いつかず、ユフィーの甲斐性に助けられる。体が資本ということですね。

縛られたカレンも剥かれたユフィーも、意中の相手とは異なるながらも心許す時間を過ごすのであった。

一方、バカンス中と知らない、黒の騎士団とブリタニアは、行方不明であると勘違いし捜索を行う。

ブリタニアはユフィーの兄が大々的に捜索。
黒の騎士団はちょっと後ろめたい人が多いので、揉めた挙句期限付きで待つことに。

中睦まじく、パートナー交換で一夜を明かした四人は、夜中に見かけた明かりに誘われ、明け方そこに向かう。

同じ場所に向かったものだから、鉢合わせしてしまう。
ルルは咄嗟にマスクを被り、悪役を演じてその場を切り抜ける作戦にでるが、カレンがユフィーに「お人形の皇女が、一人じゃ何も出来ないくせに!」と言ってしまったために、ユフィーが激怒してしまう。
縺れた挙句、それぞれのパートナー位置に移動すると、場所が悪かったらしく重さ(カレンの食い過ぎ?)のため地面が降りてしまう。

降りた先に居たのは、暗いところで怪しいことをしていたシュナイゼルやロイド、一同ビックリ。

手ごろな重機が置いてあったので、それに手をつけ逃げ出すルルとカレンであった、それは飛ぶように逃げていきました。

ルルとカレンが逃げた後、スザクは命令違反で拘束、先週聞き分けの無いスザクにルルは「イキロ(この書き方すると懐かしいな)」と命令したためらしい。

お留守番に甘んじたコーネリアの出番が来ると、九州地方に日の丸つけた揚陸艇が接近との報が入る。

今週のカレンのキャスト順は4番目まで復活!
しかし、スザクに黒の騎士団だとばらしちゃったということは、もう学園ドラマは無いという事でしょうかね、まあ、OPに出ててまともに扱われていない人(皇神楽耶とか)いるくらいだからしかたないか。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"コードギアス 反逆のルルーシュ【第19話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント