乙女はお姉さまに恋してる【第11話】

貴子様に対するフラグが勢い良く消化され、焦りや嫉妬をおぼえるまりやは瑞穂に対して普段の接し方が出来なくなってしまう。

まりやの態度に怒りを感じている瑞穂は、本人に直接問いただすも回答がなく、何で怒っているのかが解らず戸惑う、そこで重鎮の圭さんが助言「正面突破、時には強硬手段も有効である」を頂く。

瑞穂は風邪を拗らせダウン中のまりやの部屋に正面突破、強硬手段で半裸にし、タオルでまりやの下乳や腹部まで優しく拭く瑞穂、圭さんの助言でタガ外れています。

いやらしい瑞穂に「ばか・・・」と言うまりやだが、エロいことをしておきながら「バカはどっちさ・・・強がりはよしなよ・・・」と怖い顔で黙らせる卑怯な瑞穂。
病気で朦朧としているまりやは、強がって怪我して瑞穂に助けられた子供時代を回想、突発的に瑞穂をデートに誘う。

男性を装った?服飾でまりやをエスコートする瑞穂、当初まりやはデレを隠すため怒った風情だが普通のデートになって行く。
ひとしきり楽しみ夕暮れを迎えてた公園のベンチで、しおらしい素振りのまりやに、鈍感な対応をする瑞穂、そのおかげで取り敢えずは、好きだけど昔からの自然な距離に戻るまりや。


一方麗しの貴子様は、演劇以来瑞穂の事が頭から離れず、何事も手につかない状況で悶々とした日々を過ごしているご様子。
瑞穂に出会うと、しどろもどろになり持っている物もポロポロ落としまくり、頬を赤らめ俯くばかり。

そんな貴子様に、危機が訪れる。
日曜にも関わらず生徒会の作業をした貴子様の帰途に、誰でも良いんだが折角ならたんまり取れる家の方がと言う身代金目的の誘拐犯に襲われたのだ(学院敷地内で)。

だが、丁度デートの帰りの瑞穂とまりやが通りかかり、瑞穂が誘拐犯と格闘し撃退する。
その時瑞穂はナイフを使った誘拐犯に、服の胸を割かれてしまい、撃退後に駆け寄った貴子様にその厚い胸板を見られてしまう・・・

「おとこ・・・」と驚愕の表情を浮かべる貴子様・・・


突発的な誘拐犯のせいで遂に貴子様にバレちゃいました、来週貴子様がどのような行動に出られるのか・・・やっぱり瑞穂の秘密が校内中に広がり退学になるんでしょうかね。
そして、結局誰エンドなのか・・・
2期が無さそうなのが惜しまれます。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"乙女はお姉さまに恋してる【第11話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント