コードギアス 反逆のルルーシュ【第9話】

カレン様の素敵なサービスで始まったので、サービス回かと思ったら、ちょっとヘビーな話に移行した、カレン様が語るカレン様の回。

病弱モードカレン様そっくりのメイドさんが、屋敷の掃除でドジしたために、パンツ一丁で眠ていたカレン様にうざがられます、メイドさんとても寂しそうな表情で可哀想。

ゼロは黒の騎士団を使って世直しの真っ最中、軍団とは程遠い事をせっせとしているみたいです、人数がケロロ小隊よりはちょっと多いが、普通の軍なら分隊か班程度ですからとにかく地道です。

毎晩そんな事をしているのか、授業中疲れから寝ていたカレン様が寝惚けて「黒の騎士団!」と立ち上がる、クラスの注目を失笑と共に受け頬染めるカレン様、いつまで演技が持つのか心配です。

ブリタニア陣営は、今週コーネリアが薬物リフレイン撲滅のため、中華連邦の九州ルートを叩きにお出かけで、ユーフェミアはお留守番、今週は大規模戦闘の無い事の前振りですねw

生徒会室前で大きな欠伸のカレン様、中に入ると先週の次週予告にあったシャノワールなミレイ様がおわしました、とてもキュートで御座います、これはアーサーの歓迎会との事で生徒会全員がコスプレするらしい、シャーリーが衣装を指差しどれにするとカレン様に聞くが、「カレンは要らないだろ、とっくに被ってるものな。」とルル、そんな事言うものだからカレンの猫コスプレ見れない羽目に。
まあルルは置いといてバカ騒ぎする愛すべきバカ(生徒会役員)共を救った事に、感慨を受けるカレン様であった。

この後カレン様はモノローグで、ホテル人質事件から現在までの黒の騎士団の活躍とそれに関する風評評価、自分達にとってゼロが不可欠な存在である事を語る。

ルルにリヴァルが最近つれないと溢したり、ニーナが、ホテル事件で助けてくれたユーフェミアを思い出して頬を染めたり(これは期待大?)、藤堂中佐が黙々と出たりした後、ミレイがカレンの屋敷を訪れる。

そこで語られたのが、カレンの複雑な家庭事情。
父は本国で不在、母は継母で、メイドが生みの親で、カレンはイレブンとのハーフ、カレンは母に対する苛立ちを吐露します。
場面が自室のメイド母に変わり、引き出しから出てくるリフレイン。

Bパートに入り生徒会室でルルとスザクの会話から、黒の騎士団の事で相容れない二人、既にバカにつける薬は無いと諦めたルルは既にまともに相手をしていない様子。
シャーリーが入ってきて話は中断、スザクはシャーリーに対して軍に戻ると言って退出する、スザクは先日の押し倒しからシャーリーを意識し始めた?
突然シャーリーが決死の表情でデートに誘おうとするが、ルルはスザクの「戻る」と言った言葉に反応していて、シャーリーの言葉は霧消・・・あ~あ

カレン様は、街で黒の騎士団との電話中、その脇ではイレブンホットドッグ屋がブリタニア愚連隊にタコ殴り、止めようと前に出るが肩を現れたルルに掴まれる。
下手に加勢して勝てば明日から商売が出来なくなると忠告。
そんな話をしている二人に目ざとく気づく愚連隊は近づきますが、ルルはギアスで退けます・・・助けたホットドッグ屋は、心配で駆け寄ったカレン様の紋章入りタイを見て謝辞も述べずに売物を勧めます、異常な感性に驚愕のカレン様(「ええっ、普通奢るだろ?」の顔ではないと思う)。

その後、公園でデート宜しく会話するルルとカレン様、しかしイレブンの処遇などの話でルルがカレン様を怒らせ、平手打ちを食らう羽目に・・・しかし人の考えで殴るとはカレン様そこまでルルを意識しているという事の現われ?

オレンジ様出た~、バーでジェレミアとヴィレッタの会話、ヴィレッタの「オレンジ」に悲しいくらい反応するジェレミア、笑える。
記憶の喪失に関して、自分にも経験があるとヴィレッタ、学生に会ったという微かな記憶から調査する事を決めます。

リフレイン密売組織のアジト壊滅に、夜の倉庫街、物陰に身を潜ます黒の騎士団・・・態度や雰囲気が悪くネットで流れれば人気喪失間違いなしw
ゼロの合図で突入、リフレインのアジトを強襲します、反撃する相手はカレン駆るナイトメアで駆逐、倉庫の奥にまで侵入します。
そこでカレン様が目にしたのは、リフレイン中毒のイレブン・・・何でこんなところに居るのか首を傾げる?・・・その中にホットドッグ屋や自分の母の姿を認める。

倒れかける母を、ナイトメアの手で助け、母に対し「どれだけ弱いの・・・」と怒りを口にするカレン様。
その時、カレン様の機体を揺るがす攻撃、乗機の右腕を吹き飛ばしたのは密売組織とグルの警察のナイトメア。

母をその手にしたまま、逃げるカレン様、母を邪魔だと投棄しようとするが当然出来ず、そんな自分に涙を浮かべ嘆く。

足を破壊され転倒、投げ出された母は、「いるから、ずっと傍にいるから、傍に居るからね。」と見えないカレンに囁きます。
カレン様は、この言葉で何故メイドとして虐げられてまで屋敷に留まっているのかに気づきます。

警察ナイトメアの最後の一振りのナイフをかわし、ワイヤーを壁に撃ちこみ縺れ合ってワイヤーを巻き上げ、警察ナイトメアのコクピットを倉庫の棚にブチ当て倒します、常々指摘してますがどう考えても設計に問題あるメカです。

薬の後遺症で会話が出来なくなり、またその罪から20年の判決を受けてしまった病棟のベッドの母。
母が出てくるまでに世を変えることを誓うカレン様に、意思の無くなった母がカレンの手を取り「頑張れ、頑張れカレン、私の娘。」と応援する。
「うん、頑張る・・・私、頑張るからね。」涙ながらに応えるカレン様。


カレン様の決意を固める回でした、これでルルとどこまでもになるのでしょうかね。
他の黒の騎士団はガラが悪いのがタマに傷です、あんまりガラが悪いとそこからルルは切り捨てていきそうですw
今回のC.C.はチョイ出でしたね、ある意味出る必要も無かった気がします・・・

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"コードギアス 反逆のルルーシュ【第9話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント