Kanon【第8話】

真琴ルートオンリー、今回の話の盛り込み方と、次回へ持ち越す分の判断が難しいところ。
次回に引くなら、今週はちょっとバラし過ぎな気がしました。

真琴がデレ気に入り、素直に祐一に甘え始めます、同時に徐々に歩く事も箸を持つこともままならなくなってき始めました。

そして天野美汐が、年寄り臭い話し方で度々登場、ぼかしながら祐一に情報を与えます。

美汐との話、真琴との物見の丘、その他で徐々に思い出し始める祐一、キーワードは『沢渡真琴』と言う名前、それは昔祐一が好きだった娘の名前、そしてその事を知るのは祐一が助けた怪我したキツネ。

ラストで美汐の駄目押しの説明シーンが入ります、祐一に会いたい気持ちで来たキツネであること、それは記憶と命を犠牲に得た束の間の奇跡であることを。

次週はもう、クライマックスだと思うので演出の手腕、東映との比較も含め実力が問われる事でしょう。


先週行方不明になったとき、助言してくれた舞に「何か知っていたら教えてくれ、頼む。」と言いますが・・・杉田智和の「頼む」は頼んでるように聞こえないのは何故?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"Kanon【第8話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント