ゴーストハント FILE3 #2【第8話】

麻衣はほぼ一週間、不登校?別の学校には登校してるけどw

ぼーさん、綾子さん、ジョンは除霊、それを監視するナルの下には、真沙子が霊は居ないと念仏。

スプーン曲げ少女笠井千秋は、そんなハンターズをコソコソ覗き見、先週見た鬼火の夢を気にする麻衣の下にもやってきて、ガンつけしているところを麻衣に捕まり、麻衣の何か用でも?に、ハンターズの事を聞く笠井、真沙子は霊が居ないと言っている事やナルが陰陽師という事に激しく驚く。
そして、その場に来たナルを見て行き成り逃走。

綾子はあからさまに怪しいとハンターズ集結中に言い出します、ジョンはP.K-L.Tまでもってはるんですやろか?と、「P.K-L.T?」な麻衣に、ナルは「麻衣のために説明しておくが。」と前置きして超能力の分類と呼び方を説明する、「ム」とっする麻衣w
その絡みで「私の子供の頃も・・・スプーンを曲げられるって子が一杯あらわれたけれど・・・」との綾子に、ぼーさんは「お前、そんな歳だったの?」、それは地雷だよ。

そこに車の運転中、前面ウィンドウに手が張り付き驚いて事故った教師の話が舞い込み、病院を見舞ったナル、麻衣、ぼーさんに教師は、事故前に恐ろしい顔で笠井に睨まれた、笠井千秋のせいだと訴えます。

病院からの帰りがけ、なんだか急に胸騒ぎの麻衣、その時学校では笠井が吊るしあげを喰らっていた。
麻衣がその場に着くと、産砂恵が笠井を庇い、ウザイと捨て台詞言われるも終息したところであった、麻衣の過剰反応な胸騒ぎでした。

その後、ベースで麻衣とナルだけの時に、霊が天井から逆さに現れ、ぼーさんが都合よく駆けつけ祓ってくれて消えたが、霊はナルを狙っているんだと麻衣、自分が見た夢の鬼火の1つだと、何で判るんだか判らないけれどと告げます。

翌日、目が真っ赤なナルを麻衣が指摘、昨夜は霊が出て睨めっこをしていたとのこと。
その子が藁人形でも作っているんじゃないの?と、綾子筆頭にハンターズが出勤、真沙子が霊を呼ぶものではありませんわ、「そうだ、藁人形のせいで霊が出没なんて事は・・・」とナルは呟きハッとして、リンに同意を求め、呪詛だと告げる。
「麻衣のために簡単に説明するが・・・」とナルは前置きでまたも麻衣を「んん」と唸らせた後、厭魅と言う人形や持ち物を使った呪法があり、呪者は呪殺を神や精霊にお願いして神や精霊がそれを実行するのだと言う、今回の事件は厭魅の法で悪霊を使役して発生しているのだと結論ずける。

真沙子、綾子は笠井が犯人だというが、麻衣は笠井は絶対に犯人ではないと主張、麻衣の目にナルは信じてみようと受け入れる。

ナルとリン、麻衣は犯人探し、残りは人形探しを指示する、嫌がるぼーさんにナルは「やりたくなければ帰るか?」、やりますとぼーさん・・・

ナルチームは、座ると電車引き摺られ事故が発生する机と陸上部の角で人形を発見する・・・犯人探しは?

そして突然、本来の人形探しチームの真沙子が階段から突き落とされる・・・真沙子、また転落かい。
同時に笠井も悲鳴を上げて産砂恵に頭をなでられて次週へ。

今週は真沙子がとの掛け合いが無かった分、説明時に一々麻衣をダシに使うナルとそれに反応する麻衣という掛け合いが入りました、麻衣は確かにからかうと楽しそうです。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ゴーストハント FILE3 #2【第8話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント