ゴーストハント FILE3 #1【第7話】

気になってしょうがない事があります、麻衣は学校にちゃんと通ってるのでしょうか?

3話構成の作品なので、今週から新たなお話、アバンの女子高生相談者、本職がバンドマンだったぼーさんの追っかけからの相談、そして当該高校の校長よりの依頼で、怪事件の多発する湯浅高校を調査することに。
画像画像


早速翌日に現地入りするナル一行(ナル、リン、麻衣、ぼーさん)、調査を開始し教師や生徒から話される多くの事件に、ナルも尋常じゃないと訝しがる。

当然除霊するには人手不足なので、呼べば直ぐ来る暇人を呼び立てます、巫女、真沙子、ジョンです、しかし真沙子も学生だろうに良く都合がつきますね・・・

ナルの指示で手当たり次第の除霊に入るハンターず、ちなみにナルの指令の時「原さん・・・」に真沙子「真沙子と呼び捨てにして下さって構いませんのよ。」、麻衣「うわっムカつく~」今期アニメでこういう遣り取りのあるアニメ(視聴物)は無いので楽しゅう御座います。
画像


皆が手分けで除霊に出ると、お留守番している麻衣の下にぼーさんの追っかけ娘が現れ、「・・・どうなってんのかねこの学校、祟りに、幽霊に、超能力でしょ、あとUFOでも来れば・・・」との話す言葉の「超能力」に飛びつく麻衣、捜査はスプーン曲げ少女笠井千秋へと向う。

生物準備室で引き篭もっている、笠井千秋と生物教師の産砂恵、当初ナルは引き篭もり特有の反応を示されるが、同じ力がある事を見せ取り入る事に成功、まんまと話を聞くが、千秋の超能力が不安定である事と、夢想家に恵への不信感を植付けただけ。

生物室から、ベースに戻る最中にナルは麻衣に、ナルがスプーンを曲げた事は秘密にしてくれと頼まれ、麻衣は2人だけの秘密と大喜び。
画像

ベースの扉を開けると、FILE1宜しく霊は居ないと、真沙子がぼーさん、巫女と衝突中、霊が見えて除霊できる人間が居れば良かったのに、片手落ちばかり集めるから纏まりもありゃしないという例です、麻衣も疲れ切ったご様子。
画像

さてさて、今回も麻衣のオネムノ時間が来て、夢の中で麻衣が鬼火を見たところで次週へ続きます。


今期秋アニメは第1話が良かった作品が極限までトーンダウンし、期待せず視聴していた作品に楽しめる作品が多いです、金色のコルダやこのゴーストハントなどヒロインの一喜一憂が可愛く心が和みます。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

"ゴーストハント FILE3 #1【第7話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント