乙女はお姉さまに恋してる【第6話】

最近めっきり寒くなりましたが、おとぼくの季節は夏です、なので水着!サービス満載!!
まりあと一子を観客とした、瑞穂の胸の谷間眩しい水着ショーが行われるが、さすがに、水泳授業で着るプリンセスラインと水抜け装備のあるスクール水着は駄目。
ということで、仕方無くまりあの指示で水泳授業は見学という結論に達する。
それよりまりあのお行儀が目を引きまくってます・・・瑞穂のアナログ男メーターはどうなっているのでしょうか?

女の子の日を理由に連続3回水泳授業を見学した事により、学園内にボイコットではとの噂が広がり、遂に貴子様の耳にも届く事に。
早速瑞穂を問い詰める貴子様に、まりあは、瑞穂は水に対してトラウマがあり、どうにもならないことが人にはある、貴子も蛙が苦手だろうと力説するが、貴子様に対する限度を知らないまりあの嫌がらせの過去を指摘され、まりあは苦手を克服させるためだと反論、だったら瑞穂にも同じ事が言えると切り返される事になる。
「誉高きエルダーが何の努力もせずに、逃げる事を認めるわけにはまいりません。」と貴子、その言葉にまりあが「・・・生徒会役員になるために、部活動を放棄したあんたから・・・」と噛み付き、話はまりあVS貴子様の水泳勝負に。
見事な台詞回しで、まりあVS貴子様に持って行く流れは感服です。

なにはともあれ、貴子さんとまりあの昼夜を問わない特訓の日々が始まり、瑞穂を始め周りの人間は、エキサイトしている人間が人間なのでやきもき、ここで「お任せください」と重鎮圭さんがボソっと。

瑞穂は、授業中も眠そうなお疲れ貴子様に一緒にお昼しましょうと誘い、貴子様より陸上部を断った事によるまりあとの経緯を聞き、瑞穂は貴子様のこの勝負にかける意味を言い当てます。
驚きと共に感動の貴子様ですが、疲れと日差しに当てられ倒れてしまいます。
木陰で介抱する瑞穂、とっても羨ましいです貴子様への膝枕。
瑞穂「いろいろありますけど、私は貴子さんのこと好きですよ。」とのこと。
画像


いよいよ決戦の時、気合の入った2人がプールに着くと・・・圭さん企画の色物レースになっておりましたw

結局勝負の行方は語られませんでした、まあ瑞穂と貴子様の新密度を上げるのが目的なのでシリーズ構成的には良いのかもしれませんが・・・貴子様の、誘いを断ってしまった陸上部に対するケジメがすっ飛んでしまったのが心残りです。

おまけの、ムンムンの着替えシーン。
画像画像画像


にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが私の燃料です。

"乙女はお姉さまに恋してる【第6話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント