乙女はお姉さまに恋してる【第5話】

先週、永き眠りより目覚め、遺憾なく喋り続けるマシンガントーク娘一子、翌朝まりあの呆気ない挨拶と、由佳里の気絶で迎えられます。

まりあは当面の問題として一子へ瑞穂が男だと教えます、まりあが瑞穂のスカートを捲くり上げ何処までナニを見せたのかは謎だが、一子はお嫁さんになれると大喜び。

登校後の教室で、エルダーらしからぬ机に突っ伏す姿の瑞穂、圭に「いい仕事しています」と褒められる?
圭さん・・・存在感あるキャラなので、紫苑様薄いから喰っています・・・

一方、地縛霊?の一子は寮から出ようと挑戦し続けるも出られず、フラフラと冒頭一子を見て床でダウン中の由佳里の下に。
一子の来訪に怖くて泣きじゃくる由佳里、すまない思いでこれまた大泣きする一子、怒るのも泣くのもより大きいほうが勝ちです、瑞穂達が帰って来た時には、既に仲良くなっておりました。


楽しい寮生活が続く中、瑞穂は一子の昔のお姉さまに関心を寄せる。

図書室で一子の昔のお姉さまを調べる瑞穂に、声を掛け資料を教えてくれる貴子様。
毎週チョット出にも拘らず、魅力的な貴子様、幽霊の事に取り乱す様はホント堪りません。
画像


資料より判明する一子の、昔のお姉さまは、予想通り瑞穂の母親、瑞穂が母親の姿を見かけ校内を追いかけるシーン有り。

その夜、瑞穂は一子を教会に連れ出し、聖母像の前で、一子に昔のお姉さまが瑞穂の母である事を教え、母の変わりに一子に母がして上げられなかった事をしてあげます?
この辺、原作でないと判んない事あるのかな、アニメだとちょっと薄い感じがするのでくやしいっす。

想いが遂げられた一子は光に包まれ天へと向かいます、感謝の言葉を続ける2人の感動シーン、濁った私の心は居なくなる訳ないと思っていたけど。
画像


外で待っていたまりあと共に寮に帰ると、そこに居る一子、これからも宜しく。


早口と、ちょっととぼけたセリフ、善人が滲み出た「ごめんなさい」素敵な娘ですね一子。
しかし一子は本当に病人だったのか、お姉さまとの回想シーンでも生まれつき病弱な感じは受けないのですが・・・

来週は貴子様とまりあの戦いみたいなので、待ち遠しいです。

にほんブログ村 アニメブログへ←ランキング参加中です、皆様のワンクリック(10P)が私の燃料です。

"乙女はお姉さまに恋してる【第5話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント