護くんに女神の祝福を!【第2話】

世界の危機と、学校に呼び出される護。
現場について見ると絢子がご乱心中、護はそれを止めるために呼び出されたものだった。

乱心理由は絢子の開発した『アストラル・ファイア』が盗まれたことに起因する、生徒会長の指示で絢子が護と取り返しに行くことに。

一旦絢子が身支度を整えるために別れる護、校舎外に出るとそこに友香がおりいきなり泣き出す、飼っている犬を犬質にされ『アストラル・ファイア』を盗んだと自供する、護はまかせてくれと言う(本人なんか出来るのか?)

場面変わって、絢子と2人お茶する護、完全なバカップルデートです、チャチャを入れる美月と杏奈、瑤子ですが、絢子を怒らせ排除されます。
2人で歩きながら自分のことをどう思っているか聞き出そうとする絢子に、護は守られているだけのこんな自分じゃあと答えに窮する、その時都合よく建築中のビルから鉄骨が落ち煙が舞い上がる。
何故か2人とも得心してそこを現場とさだめる(何故鉄骨が落ちたのか教えてください)。
「絶好のチャンスをよくも潰してくれたわね」と絢子は、護にはココに残るように言いつけ現場に向かう。

現場に居た犯人に周囲のビアトリスを奪われ苦戦する絢子、そこに残れという日本語を解さない護が現れ、護を庇い銃弾に倒れる。
銃弾に倒れ気絶する絢子を助けるべく駄々っ子攻撃をしかける護だが、当然役立たず。
犯人は護を蹴飛ばし、絢子に向け止めの『アストラル・ファイア』を撃とうとした時、熱くたぎる何か(ビアトリス)を出しちゃう護。

護が気が付くと絢子の膝の上、絢子は無事でした良かった良かった。
後は生徒会で友香の自白と、護の告白で今回終了。

要約すると、護が能力開眼自信を持てて、絢子とハッピーエンド?


生徒会役員など出番が多いのに各キャラの性格はおろか名前も掴めない、考えてみると絢子だけしかキャラ立ちしていないのでは?
これで話を進められても中々入りずらい気がするのだが・・・逆に判ればもっとのめりこめると思います(見る方の努力ではなく見せる方の努力でお願いできませんか)。

最後に、生徒会長への最後のパンチにギャラクティカマグナムとあったが、ジェットアッパーじゃないのか?
画像


にほんブログ村 アニメブログへ

"護くんに女神の祝福を!【第2話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント