Kanon【第2話】

名雪声の目覚まし時計、子守唄代わりに欲しいです。

祐一がまさにキョン化した喋り方になりながら、目覚まし時計群鳴り響く部屋で寝ている名雪を起こします、想像より寝起き良いですねこの名雪。

朝食を摂る名雪と祐一、甘いものが弱いとトーストに何も付けない祐一に、特製ジャムを付けてくれる秋子さん・・・食べる祐一を如何にも微妙そうな味という良い表現で表してくれました京アニGJ。
画像


登校、転校自己紹介、そして一気に放課後。
北川潤の美坂香里へのアプローチが目立ちます、今作はこんな設定入れられるほど余裕があるんですね。

名雪と校舎内を歩いている時に、噂になるから名雪の家に住み込んでる事を言うなと言うが、既に手遅れと名雪、祐一から階段を駆け逃げる名雪だが足を踏み外し舞と佐祐理にダイビング(舞の見えてます?)。
画像


少し学校の中を見ていく事にした祐一、広い学校で迷子に。
ありえない祐一の方向感覚、何故に各教室を開ける必要がある?そうこうしていると香里に出会え、潤との待ち合わせを反故にし祐一を校門まで送ってくれるのだが、途中今日の名雪の喜び様について教えてくれる。
ちなみに潤との待ち合わせを反故にした香里に、クールな女だなの評価(美人の特権ですからね)。

朝の出掛けに秋子さんに頼まれた、おでんの具材を買いに来た商店街であゆに会い、またしても窃盗の共犯者に・・・
逃げまくったおかげでふたたび迷子になる祐一(今回は迷子を被らせるために学校迷子シーン作ったのね、了解)。
7年前にはよく遊びに来ていたとの祐一の言葉に、祐一と気づくあゆ、祐一もあゆと気づく感動の再会シーン(原作通りです)。
そこで、祐一があゆのダイビング抱擁を避けあゆが樹に激突した時点から、結構な時間差で落ちた雪に埋もれる栞の悲鳴を聞く・・・栞との出会いです。

栞に帰り道を聞く事でなんとか商店街まで戻り、あゆと分かれた後に、おでん具材を購入したスーパーの前で沢渡真琴の登場、あなただけは許さない!と真琴攻撃!カワイイっすね(それを見ている通りがかりの婆さん味のある演技だね)。
画像



今回は各ヒロインと祐一の接触といったところですね(先週はチラ出ですから)。

にほんブログ村 アニメブログへ


Kanon 月宮あゆ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
コトブキヤ Kaノン 月宮あゆ 1/8スケールPVC塗装済み完成品

"Kanon【第2話】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント