コードギアス 反逆のルルーシュR2【第23話】

生きていたナナリー…ハッキリ言ってニーナよりウザイんですが…

リミッターを外したフレイヤ弾頭を使用し、ブリタニアの首都ペンドラゴンが消滅。
直後シュナイゼルからの通信の中で姿を現したナナリーはルルに敵対行動に出てルルを愕然とさせる。
もっともナナリーは策士シュナイゼルにペンドラゴンの人的被害がないと言われ信じているみたいだが、いくらルルに騙されていた事への憤りからとは言え愚か過ぎ。
だが、ナナリーを騙したことでコーネリアがシュナイゼルに詰め寄り、さらにはシュナイゼルの全世界の都市へのフライヤ使用計画を知った事で反意をしめしたことで、コーネリアは撃たれてしまう(生きてそうだけど)。

一方ルルは落ち込む(最近落ち込みやすい)ものの死者への責任のため決戦に挑む。

かくして富士周辺にて、合流した黒の騎士団とシュナイゼル合同軍とルル率いるブリタニア軍の決戦の火蓋が切られる。

最初は砲火も無い盤上の陣形戦が行われるが、人材的不足からルルが動き火線が放たれる。

劣勢を強いられるルルは、奥の手で富士山をサクラダイトにて爆発させ黒の騎士団を旗艦もろとも壊滅に近い打撃を与える。

しかし、この段でシュナイゼルがフレイヤを撃ちまくる戦法に出たため、フレイヤの残弾的に一手不利な状況。ここでニーナの研究だのみという情けなさ。


シュナイゼルの目的はわかったがルルの結実点がまだ見えない。何がしたいんだろうか?
ロイド達が理解して合流してるくらいなんだから、バカな扇や目的が異なるディートハルト以外は理解しそうな気がするんだけど…

…せめて神楽耶には教えてあげれ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。