コードギアス 反逆のルルーシュR2【第25話】

ルルが完全な悪役を演じるとこから見えていたゼロ鎮魂歌…
今まで超展開で予想を裏切っていたのにここにきて予想通りな終焉を迎えた。

シュナイゼルをギアスにより下し、最後の大ボスで開眼のナナリーとの対決を向かえるルル。

ゼロ鎮魂歌完遂のためダモクレスの鍵を必要とするルル、兄の所業を為させまいとするナナリー。
ナナリーが力による憎しみの象徴にダモクレスを据え、人々の憎しみを集めようと考え自らの手を汚しながら行動していることを知ったルルは、ナナリーの見識に驚きと喜びを覚え、ナナリーを救う意味で躊躇われた最愛の妹へのギアスを行使する。

ダモクレスの鍵を手中にしたことにより、フレイヤによる牽制の据えルルは世界を掌握し世界の統一を成し遂げる。

しかしゼロ鎮魂歌はこれから…

2ヵ月後の戦犯処刑の市中引き回し行事が執り行われている最中、人々の前に姿を現した皇帝ルルの前にゼロが現れる。

ルルが立てたゼロ鎮魂歌の最終段階、ルルが全世界の憎しみを集めた末の正義の味方ゼロによるルルの暗殺行だ。

ゼロはカレンに殺され死んだことになっているスザク。
ルルはギアスを使った代償として、スザクは永遠の正義の味方を演じ続けることを罰とされ、ルルは死んでいく。

ルルの死亡により全世界はずいぶんまともになったらしい。


第一期の中途半端な終わりから、なんとか終了したみたいです。第二期は尺がどう考えても少ない感じで駆け足過ぎる印象を受けました、なんか早すぎて疲れるんだよね、まあ第三期やられるよりマシですがw

「ゼロ鎮魂歌」作戦名からしてルルが居なくなることを想定した内容とは思いましたが、やっぱり死んで最後でした、ちょっとC.C.の能力を引き継いで不死身状態で演じるかなとも思いましたが、ユフィを殺した事やシャーリーを死なせた事からか本当に死んだみたいです。

救われない感じですが、唯一ナナリーの能力によりナナリーにはルルの真意が伝わったこと、カレンにも全容を察して貰えた事が救いでしょうか。

何個か拾い切れてない伏線も有った気はしますが、スタッフの皆さんご苦労さまでした。

最大の不満は裏切り者である扇が幸せになってること。しかも首相なんて最悪だろ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第24話】

最終決戦。なのにこの作品はメイン系の人死が少ないどころか、どんどん生還者が増る。


フレイヤの乱発を続けるダモクレスってかシュナイゼル&ナナリー。それに対し配下に特攻させ続けるルルという戦いが続く。

どう考えてもルルよりフレイヤを撃ちまくるシュナイゼルの方がおかしいにも関わらず、星刻は其の手駒としてアヴァロンの背後へ回り込み奇襲をかける。

それが功を奏し、アヴァロンは撃墜されることに。ルルは此処までもてば良いとアヴァロンを捨て、咲世子やロイド達にミッション・アバティアレティアを命じ、ニーナが完成させたアレ(ロンギヌスの槍w)を持ち蜃気楼にてダモクレスへと向かう。

最後は捨て身か見苦しいなとフレイヤを蜃気楼に打ち込むシュナイゼル&ナナリーだが。
フレイヤ発射後の組成を変え続けるフレイヤに対応したプログラミングを19秒で完成させ、コンマ0.4秒でフレイヤにぶつけると言う作業をルルとスザクのコンビは行い、フレイヤの臨界を停止させ、フレイヤを撃つために空けたブレイズルミネスの空間を突破。見事ダモクレスへの進入に成功する。

そうなると、さっさとダモクレスを放棄し、ルルを閉じ込めたままフレイヤを起動させる作戦に出るシュナイゼル。
ナナリーも見捨て脱出艇へと向かうのだが、ルルのシュナイゼル自身を読んだ作戦により、ギアスに掛かった兵士により逃げ場を失い。ルルとの通信と思った回線映像(録画)と会話しているうちに背後に回られギアスを掛けられ敗北を喫する。

そして残る敵は開眼の最終ボスであるナナリー。


うざい敵も味方になるとうざくなくなり、味方だった奴も敵に回ると見事にうざくなる。そう思わせる作り見事です。
見事だけど…なんかやだな。

藤堂も玉城も、C.C.も撃墜されたもののちゃんと脱出。
先週撃たれたコーネリアも、最初のフレイヤで死んだはずのナナリーもギルバートも生存。
この調子で行けば葬式挙げたシャーリーも、ユフィーも墓場から生き返りそうだ…マジ止めてね。

ゼロ鎮魂歌。結局ルルも全てを一回破壊して新秩序で再生するつもりなのかな?自らの手以外で。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第23話】

生きていたナナリー…ハッキリ言ってニーナよりウザイんですが…

リミッターを外したフレイヤ弾頭を使用し、ブリタニアの首都ペンドラゴンが消滅。
直後シュナイゼルからの通信の中で姿を現したナナリーはルルに敵対行動に出てルルを愕然とさせる。
もっともナナリーは策士シュナイゼルにペンドラゴンの人的被害がないと言われ信じているみたいだが、いくらルルに騙されていた事への憤りからとは言え愚か過ぎ。
だが、ナナリーを騙したことでコーネリアがシュナイゼルに詰め寄り、さらにはシュナイゼルの全世界の都市へのフライヤ使用計画を知った事で反意をしめしたことで、コーネリアは撃たれてしまう(生きてそうだけど)。

一方ルルは落ち込む(最近落ち込みやすい)ものの死者への責任のため決戦に挑む。

かくして富士周辺にて、合流した黒の騎士団とシュナイゼル合同軍とルル率いるブリタニア軍の決戦の火蓋が切られる。

最初は砲火も無い盤上の陣形戦が行われるが、人材的不足からルルが動き火線が放たれる。

劣勢を強いられるルルは、奥の手で富士山をサクラダイトにて爆発させ黒の騎士団を旗艦もろとも壊滅に近い打撃を与える。

しかし、この段でシュナイゼルがフレイヤを撃ちまくる戦法に出たため、フレイヤの残弾的に一手不利な状況。ここでニーナの研究だのみという情けなさ。


シュナイゼルの目的はわかったがルルの結実点がまだ見えない。何がしたいんだろうか?
ロイド達が理解して合流してるくらいなんだから、バカな扇や目的が異なるディートハルト以外は理解しそうな気がするんだけど…

…せめて神楽耶には教えてあげれ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第22話】

シャルルを下し第99代ブリタニア皇帝に即位したルル。貴族制度の廃止と財閥解体を行いナンバーズの開放と旧制度を破壊していく。

メイン配下以外にはギアスで奴隷になれを強行し、攻めて来たナイトオブワンを含む4人のラウンズをスザクが単騎で駆逐しブリタニアの掌握を全世界に宣言、超合集国への参加を表明する。

ってかワンがギアスを持っていることは解っていたが、直近の未来予知程度だったのでスザクに対応しきれずあっけなくやられ、ギノはまだ役目が残っているのか生き残るが、他のラウンズ娘2人は一言二言で去ると言う情けなさ。

超合集国への交渉場所はアッシュフォード学園を指定。

アッシュフォード学園で出迎えたカレンと束の間の別れの後、体育館で世界会議執り行い、見知った面々がブリタニアが入ると人数比で設置された投票権で合集国がブリタニアのものになるから、ブリタニアを割るか、ブリタニアだけ人口比の20%にしろとルルを責める。

ここでルルは神楽耶に世界を統べる資格を問う。神楽耶は「矜持」と答えるが、ルルは自分の答えは違う「壊すこと」と言い放ち、それを合図にスザクがランスロット・アルビオンで飛び込み体育館を占拠してしまう。

力で制圧するルルだが、その時緊急通信により帝都ペンドラゴンがフレイヤにより半径100キロで消失、全長3キロもある天空要塞ダモクレスが姿を現す、って早期警戒もだれずどっから進入したんだこんなもの。

当然こんな非道を行うのはシュナイゼルで、ついでに生きていたナナリーがこの虐殺の親玉に。

ついでにナナリーは「お兄様、スザクさん。私はお二人の敵ですと。」と兄の心知らず発言。


それぞれの目的が訳解らんので、なんか落ち着かない。解っているのはシュナイゼルと敵対する事だけってすっきりしないよ!

ナナリーは生きてるって解ってたけどね。そういえばアーニャはシュナイゼル側なんだな。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

コードギアス 反逆のルルーシュR2【第21話】

アーニャの中で生きていたマリアンヌも最後の日?ってか悪人ばっか。

皇帝と共にアッチ(C)の世界?で二人きりという状態を造りだしたルル。

マリアンヌの殺害について問い質すルルだが、マリアンヌ本人がご登場しとんでもないことに。

皇帝とV.V.は帝位争いにより世界を憎み、嘘のない世界を創ろうと誓った。…文章にすると起因事項と結論までに違和感があるような…
それにマリアンヌとC.C.も参画。計画は進行するものの皇帝がマリアンヌに腑抜けにされ怒ったV.V.がマリアンヌを殺害。

マリアンヌのギアス能力が人の心を渡るものであったため…一生に一回のギアスか?…、行儀見習いで来ていたアーニャに転送。アーニャの人生が壊される。

V.V.はその後、テロリストによる犯行に偽装するという嘘をつき。V.V.はその嘘が元で後に皇帝に殺される。

ルルとナナリーを日本に送ったのは、V.V.から大事な者を守るため遠ざけたと説明するが、捨てたことに変わらないと気づいたルルが反抗。

皇帝とマリアンヌが企てていたラグナレクを防ぐため、ルルがCの世界(集合意識)にギアスをかけて阻止。その煽りで皇帝とマリアンヌが粒子に帰る。ってマリアンヌトンでもキャラだったな暗殺されずに生きていたらルルとナナリーの性格にも多大な影響を与えたに違いない。

その後、一ヶ月が経ち帝都ペンドラゴンにてルルが皇帝位についたことを表明。認めない兄を含めた居合わせた人間にギアスで認めさせる。

スザクはルルのナイトに。

勢力構図が大逆転。…やりすぎだろ?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。