コードギアス 反逆のルルーシュR2【第24話】

最終決戦。なのにこの作品はメイン系の人死が少ないどころか、どんどん生還者が増る。


フレイヤの乱発を続けるダモクレスってかシュナイゼル&ナナリー。それに対し配下に特攻させ続けるルルという戦いが続く。

どう考えてもルルよりフレイヤを撃ちまくるシュナイゼルの方がおかしいにも関わらず、星刻は其の手駒としてアヴァロンの背後へ回り込み奇襲をかける。

それが功を奏し、アヴァロンは撃墜されることに。ルルは此処までもてば良いとアヴァロンを捨て、咲世子やロイド達にミッション・アバティアレティアを命じ、ニーナが完成させたアレ(ロンギヌスの槍w)を持ち蜃気楼にてダモクレスへと向かう。

最後は捨て身か見苦しいなとフレイヤを蜃気楼に打ち込むシュナイゼル&ナナリーだが。
フレイヤ発射後の組成を変え続けるフレイヤに対応したプログラミングを19秒で完成させ、コンマ0.4秒でフレイヤにぶつけると言う作業をルルとスザクのコンビは行い、フレイヤの臨界を停止させ、フレイヤを撃つために空けたブレイズルミネスの空間を突破。見事ダモクレスへの進入に成功する。

そうなると、さっさとダモクレスを放棄し、ルルを閉じ込めたままフレイヤを起動させる作戦に出るシュナイゼル。
ナナリーも見捨て脱出艇へと向かうのだが、ルルのシュナイゼル自身を読んだ作戦により、ギアスに掛かった兵士により逃げ場を失い。ルルとの通信と思った回線映像(録画)と会話しているうちに背後に回られギアスを掛けられ敗北を喫する。

そして残る敵は開眼の最終ボスであるナナリー。


うざい敵も味方になるとうざくなくなり、味方だった奴も敵に回ると見事にうざくなる。そう思わせる作り見事です。
見事だけど…なんかやだな。

藤堂も玉城も、C.C.も撃墜されたもののちゃんと脱出。
先週撃たれたコーネリアも、最初のフレイヤで死んだはずのナナリーもギルバートも生存。
この調子で行けば葬式挙げたシャーリーも、ユフィーも墓場から生き返りそうだ…マジ止めてね。

ゼロ鎮魂歌。結局ルルも全てを一回破壊して新秩序で再生するつもりなのかな?自らの手以外で。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック