コードギアス 反逆のルルーシュR2【第21話】

アーニャの中で生きていたマリアンヌも最後の日?ってか悪人ばっか。

皇帝と共にアッチ(C)の世界?で二人きりという状態を造りだしたルル。

マリアンヌの殺害について問い質すルルだが、マリアンヌ本人がご登場しとんでもないことに。

皇帝とV.V.は帝位争いにより世界を憎み、嘘のない世界を創ろうと誓った。…文章にすると起因事項と結論までに違和感があるような…
それにマリアンヌとC.C.も参画。計画は進行するものの皇帝がマリアンヌに腑抜けにされ怒ったV.V.がマリアンヌを殺害。

マリアンヌのギアス能力が人の心を渡るものであったため…一生に一回のギアスか?…、行儀見習いで来ていたアーニャに転送。アーニャの人生が壊される。

V.V.はその後、テロリストによる犯行に偽装するという嘘をつき。V.V.はその嘘が元で後に皇帝に殺される。

ルルとナナリーを日本に送ったのは、V.V.から大事な者を守るため遠ざけたと説明するが、捨てたことに変わらないと気づいたルルが反抗。

皇帝とマリアンヌが企てていたラグナレクを防ぐため、ルルがCの世界(集合意識)にギアスをかけて阻止。その煽りで皇帝とマリアンヌが粒子に帰る。ってマリアンヌトンでもキャラだったな暗殺されずに生きていたらルルとナナリーの性格にも多大な影響を与えたに違いない。

その後、一ヶ月が経ち帝都ペンドラゴンにてルルが皇帝位についたことを表明。認めない兄を含めた居合わせた人間にギアスで認めさせる。

スザクはルルのナイトに。

勢力構図が大逆転。…やりすぎだろ?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック