コードギアス 反逆のルルーシュR2【第15話】

C.C.がスキルアップ?ご主人様プレイが可能に。

皇帝によって空中宮殿時空?に連れ込まれたルル。
そこで皇帝とのサシの勝負となる。ルルがギアスによる「死ね」の先制攻撃をかけるものの皇帝はV.V.から不死の能力を奪っており無敵状態で死んだ振りはしてくれても死んでくれない。

絶望に打ちひしがれるルルに対し、皇帝はさらに得体の知れない噛み合っていない歯車時空へと飛ばしもうわやくちゃ。
仮面が出てきてルルを口撃し、皇帝も現れいぢめてる所にC.C.まで出てきてルルに三行半。

C.C.の契約条件は死ぬことと判明。そしてC.C.はルルをC.C.の記憶を見せる。
そこでギアスの付与と不死の継承をC.C.はルルに見せる、過去C.C.のガイド付で。
死を恐れていたC.C.はC.C.の前任者?であるシスターと契約、愛されるギアス能力を手にする。
しかし、愛されまくった事で本当の愛が解らなくなったしまう。そして、一定のギアス能力を満たしたC.C.は信じていたシスターの「残念でしたあなただまされちゃったのと」言われ今の能力(身代わりによる能力の継承)を得るに至る。

過去C.C.はそれを見せた後、「よっぽど大事な人なのかしら」とかルルに「ココに送って来たということは一時でも一時でも何かから守ろうとしたんだろうと思うけれど」と言われ、ハッとするルル。
愛の力?で今まさにC.C.にピリオドを打とうとする皇帝の下に舞い戻り。諦めるC.C.にルルは「必ず俺が笑わせてやる」などほぼ愛の告白をしてC.C.を取り戻す。

空中宮殿を破壊し元の場所に戻るが、C.C.哀れな羊状態でご主人様お助けくださいモードに、エラクカワイイC.C>に



一方、囚われのカレンは、スザクによってリフレインを打たれそうになるが、スザクが自己完結(ルルのように人を言いなりになんてしないんだからね)し難を逃れる。

ヴィレッタと扇は中国で再会するものの咲世子の介入で上手くいきそう。

ニーナ、シュナイゼルコンビはトンでもないものを作った模様?


なんか、今回は切羽詰って説明で綴られた話だったような…

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック