コードギアス 反逆のルルーシュR2【第10話】

星刻が引き起こしたクーデターに乗じて、まんまと花嫁泥棒に成功したゼロだが…
クーデターを起こした星刻が、天子を奪ったゼロ憎さに中華連邦の手先となって立ち塞がる。

って、ありえないだろそれって。

で、この星刻。非常にスペックが高く戦略はルルを上回り…天子をゼロに奪われる失態、クーデターが失敗、宦官にゼロと共に葬られようとするなど抜けているが…戦闘力はスザク並と言う万能選手。短命そうな設定など人気狙いも甚だしい。

そんな奴が強力なナイトメアに乗って来たものだから、カレンは捕まるは、軍団は策に嵌ってやられるはで敗走することに…つまりボロ負け。

そして援軍の無い篭城戦に突入する事になってしまう。

もっとも星刻も、宦官の引き入れたブリタニアの介入で似たような運命に。

で、学園にいるルルは誰なのよ。予想的には咲世子だが…ロロが時間を止めながら分身していると言うのも捨てがたい。



この頃の何でもありな作風がちょっと気に障るようになってきた。ピンチになっても後付の設定でどうとでもできるのはズル過で、一緒に考えると言う楽しみも欲しいところだ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック