コードギアス 反逆のルルーシュR2【第6話】

コノ作品の引きは次回の冒頭数分で解決されるため、気に揉むだけ損だな…と、今更ながらに思った。

と言う事で、ルルにナナリーから電話を渡すと言うスザクのイヤラシイ企みで終わった先週の結末は、ロロのギアスによってスザクを止め、ナナリーと口裏を合わせると言う事で解決。とは言えナナリーにしては???だよな?

総督に就任しエリア11に来ることになったナナリー、ルルの抑えきれぬ妹萌え衝動はナナリー奪還?と言う暴挙に出る。
普通に考えれば誰か止めると思うんだが、ゼロに心酔している黒の騎士団は誰も忠言申し上げるものも居ないみたいで、即行動。トップダウン的にはとても良い組織だが、う~ん。

早速、ナナリー座乗艦に戦いを仕掛け、ナイトメアで取り付き、さっさとゼロが進入、ナナリーとのご対面となるが、ナナリーはゼロがルルとは知らないみたいで(既に声や抑揚で気付いていても良さそうなものだが、まだ気付いていなかったのね?)、ルフィーの行おうとしていた事を引き継ぐと、強い信念の下駄々を捏ねる。

その間、艦外ではカレンや藤堂が頑張って戦っているわけだが、グラストンナイツやナイトオブラウンズ、スザクまでワラワラと沸いてきて、朝比奈、千葉は機体を失い、仙波は戦死(顔の悪いのから死んでいくアニメだ)、カレンの紅蓮弐式も損傷してしまうのだが、神楽耶とラクシャータが潜水艦で駆けつけ、紅蓮弐式の新装備を空中換装、新能力でナイトオブラウンズとスザクに対しても互角に戦う。多少溜飲が下がる思いだ。

折角互角の機体を手に入れたカレンだが、戦闘で落下(墜落)を開始したナナリー座乗艦からのナナリーとゼロを救出するために流れてしまった。

結局ナナリーはスザクの手の中に戻ってしまう。
コノ戦いゼロは敵空中戦間を数機落としたものの、中華連邦領事館と言う拠点と仙波を失ってしまったのが痛く感じるのは私が貧乏性だからだろうか?


ブリタニア側のナイトメア強すぎ、戦略も戦術も関係なくなるような機体がウジャウジャ出てくるのは、なんか面白くないしかも敵側だし。来週からはラクシャータも戻ってきたし改善されるのだろうか。

神楽耶、喋らなければ好き。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

2008年05月13日 21:13
初コメ失礼します。
ランキングから来ました。
ついでに足跡つけさせてください。

応援ポチもしておきますね。

では、また遊びにきます。
更新がんばってください。
美しい夢想家
2008年05月14日 09:24
谷口プロさま
コメ有難う御座います。

面白くないと言うより、腹の立つ作品に感想っていうのは避けようと思っていたら。
最近アニメを定期的に見なくなったのと併せ、感想がコレ一本になってしまっております(汗)

良き作品に巡り合えれば感想も増えるかと思いますので、これからも宜しくお願いいたします。

この記事へのトラックバック