コードギアス 反逆のルルーシュR2【第3話】

中華連邦総領事館の一室で合衆国日本の建国宣言をぶちかましたゼロ(替え玉)だが、ルル本人は学園に戻って、何食わぬ顔で状況確認と善後策の思案へ入る。

と言う事で今週はデスノート臭い作りで、監視の中からその目を盗み反転攻勢へ出るというストーリー。

しかし敵(ロロ)の力を計算(予想)に入れなかったために窮地に陥ってしまう。

C.C.やカレンは中華連邦総領事館で、それなりの安寧の中にいたが黎星刻が敵対し此方も寝耳に水状態になってしまう。

なんちゅう引きだ。


学園の連中は全て記憶をすり返られており、そのためシャーリーに芽が出るが、結局放置プレイされることに…とことん可哀想。

夕方5時台ということで、カレンの役目もあそこまでが限界?寂しい限りだ…

ロロのギアス能力は相手の時間を奪うような能力で、戦術では大いに役に立ちそうだが、ルルや皇帝のような戦略級ではなさそう。しかし、個人戦では強すぎるだろ。

取り敢えずR2での学園ドラマは今週で終わったと言う事なのかな?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック