バンブーブレード【第26話】

虎侍過ぎ去りし後、半年の時が流れたらしい世界。
タマちゃんは凛と出演映画であるブレーバーを一緒に見に行ったりとそんな春休みを終え。キリノやサヤは3年に、タマちゃん達は2年へと進級する春を迎える。

そして今年の新入生、岩佐弟と外山妹が剣道部を訪れる。
見学しに来たと言う新入生だが、剣道場にはタマちゃんしか居らず困惑。続いてやって来たさとりんだが方向性を間違い芸を披露しようとしはじめ、ミヤミヤも混じって剣道とは関係ないことを始めてしまう。

まあ、勇次やキリノ達3年がやって来て収拾がつく訳だが、キリノが部長を引退しており、部長はダンになっていた事には、ええぇ~とビックリ。

まだキリノでOKだろ?

さとりん、ミヤミヤの芸でドン引きしていた新入生だが、剣道部の練習が始まると、素人ながら凄さを痛感し感じ入る。

そうこうしていると顧問の先生が登場。妥当な吉河先生なので驚かんが、石橋と出来ていた上に妊娠していてビックリ。虎侍を好きだと思っていたのに石橋かい!まあ、そんなそぶりも描かれていたけどさ。

で、産休と言う事で虎侍が顧問に復活できることになり剣道部に姿を現す。虎侍をみたキリノが飛びつきクンズホグレツする姿は吉河を失っても余りある幸福な姿と写る。虎侍・キリノペアはありそうだな、勿体無いけど。

まあ、そんな感じで丸く収まってバンブーは終わりました。

前半に比べ後半は普通の作品になってしまった感を覚えますが、苛立つ事(最近のアニメは面白いとか面白くないとかストレスが溜まるとかでなく、ただ単に腹の立つ作品が多いから基準になりました)も無く視聴が出来ました。

スタッフの皆さんお疲れ様でした。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック