バンブーブレード【第24話】

何は無くともキリノはほんまええ娘や。

関東大会で秀玉高校に負けたことで、タマちゃん、ミヤミヤ、虎侍が遠ざかり、外山と岩佐が起こした暴力問題で休部の話まででるなど、様々な問題がキリノを襲う。

しかもタマちゃんが退部届けまで書置き状態で剣道部に置いてあり、キリノを悲しませる。

直接タマちゃんと話し合っても、虎侍に相談してもどうにもならない。遂にはキリノ自身も不登校に…

残された部員はサヤ、さとりん、ダン、勇次の4人。立ち行かないところだが、勇次はタマちゃんに下校時会えた事で、タマちゃんの今の気持は悔しいという気持だと教える事が出来、タマちゃんが復活、さおの煽りで虎侍も復活。

ミヤミヤは天才ダンでは慰められず、ここは諦めない娘さとりんが辞めるなら勝って辞めろと説得。見事にミヤミヤを繋ぎとめる事に成功。

キリノにはサヤが赴き、一人悩んで退部届けを書くキリノを目撃。押し倒して言う事を聞かせて立ち直らせる。

翌日には外山と岩佐が剣道部を訪れ、最後の稽古でダンと戦い、胴をとられたことで踏ん切りをつけて退部届けを出して辞めていく。

見事一話内で万事解決。次週からは勝つべき相手に勝つ流れですね。
一本調子のご都合主義ですが、キリノの悲しむ姿は見たくないのでOKとします。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック