灼眼のシャナII【第20話】

ザロービとバンデラーを倒したのも束の間、壊刃サブラクが登場。初撃をもってシャナとマージョリーを戦闘不可に陥れる。戦えるのは手の内を知っていたヴィルヘルミナのみ。
ヴィルヘルミナ好きには堪らないヴィルヘルミナ尽くしの回。しかも血染めの包帯バージョン?

とは言え、話はヴィルヘルミナが攻撃をサブラクに喰らわせ、倒せない~(ヴ)、昔倒しときゃよかった~(サ)と言う遣り取りを永遠と繰り返すだけ。

なんか第二期はホントに内容が薄くって、時間稼ぎばっかりっていう印象。その割りにサービスは無いってどういうことよ。もう一つ感じているのが敵に魅力が無いという事。

それはさて置き…この作品の洋服って頑丈すぎない?一騎当千ほど破けなくても良いが、自然な感じでもうちょっと…

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • (アニメ感想) 灼眼のシャナII 第20話 「茜色の死闘」

    Excerpt: 灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 ザロービの計略を推測し、自らの力で最前の策を成し遂げた悠二の元へ、シャナとヴィルへルミナが合流した。だが、安心する間もなく新たな攻撃が3人を襲う。シャナ.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2008-03-03 23:18
  • ◎灼眼のシャナII第20話「茜色の死闘」

    Excerpt: バンデラを破壊した所が光りだす。そして、さっきとはレベルの違うトモガラにユウジが襲われる。カイジンサブラクとヴィルヘルミナがいう。貴様の相手はこの私ヴィルヘルミナカルメ... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2011-11-21 00:02