バンブーブレード【第19話】

オリジナル話というよりは原作のミヤミヤと穿山甲の1シーンを膨らませた話?

足して100%カップルである、ミヤミヤとダンだが、ミヤミヤがダンを好きな理由は、死んだコタロー(穿山甲)にそっくりであった事に起因するらしい。容姿を除けば高スペックなダンだから大正解とも思える。

剣道部内に於いて素では最強なれど、剣道では勝てないミヤミヤ。竹刀がボロボロになるまで頑張って練習しているのに相手が悪いといったところ。何だかんだでスペックの高い部員だらけだからな。

ボロボロの竹刀を新しくして新しいミヤミヤにチャレンジだとダンに励まされ、落ち込んだミヤミヤはダンと共に剣道具屋へと向かう。
何時もの豆大福剣道具屋で、ミヤミヤが目に付いた竹刀を手にしようとしたところ同時に掴む手が。

その手の主は巨乳の外国人。突っかかるミヤミヤだが相手は英語で捲し立てる、日本来たなら日本語で喋れと睨み合いになるが、そこに外人に通用しないような英語でダンが仲裁に入る。

一触即発な状態であったが、ダンを見とめた外人は驚き、そして「アンデルセン」と叫ぶやその乳にダンを抱いてしまう。
当然穏やかでないのはミヤミヤ。ダークフォースを纏いつつ聞いてみると、外人の名はキャリー西川、アンデルセンとは飼っていたアルマジロの名らしい。
それを聞いて許せないミヤミヤ、ダンは穿山甲(原作によるとアフリカでは食べられてしまうとある)だと主張し、ダンがアルマジロなのか穿山甲なのか白黒つけるために、剣道勝負で決める事となる。

翌日室江高校剣道部に顔を出すキャリー。いい加減な剣道部なのでミヤミヤ対キャリーの試合もスンナリ許可が下り、アルマジロなのか穿山甲なのかを決める試合が開始される。

いきり立つミヤミヤだが、キャリーが二刀流の構えを見せ、対処方法も解らぬままミヤミヤは敗北してしまう。

ミヤミヤが負けたものの、ダンがハッキリとミヤミヤが飼い主ですと英語で告げ、キャリーは室江高校を去って行く。

ミヤミヤのやる気がアップ、話が纏まりました。


オリジナルストーリーが始まると言う事で心配てましたが、原作でほんのちょっとだけ語られた設定を、膨らませた作りでイイ感じです。コノスタッフがやる事は安心して見てられる、良かった良かった。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック