GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-【第7話】

フランカの過去話。

フランカの活動理由は、無実の嫌疑によって父を失った事による復讐で。その手段を得るためにフランコの下を訪れた事が描かれた。

また、フランカがニノに会ったりとローマで単独で行動していたところ、作戦1課に見つかり捕まってしまい、拷問を受けるのだが。

本部に連れて行かれた後でなく、そこいらの農村の小屋であったため、フランコとピノッキオが救出に来て助けられる。

後にその現場にエッタとトリエラを随行した作戦2課を含む関係者が調査に訪れるのだが、ピノッキオに殺されたイルマの死体を不用意に動かしたため仕掛けられた跳躍地雷が起動してしまう。
ジョゼを救うためエッタが浮き上がった地雷を屋外に弾き出すのだが、トリエラなど表に居た面々がたまったものではない。結局トリエラ含む何人かが負傷した上に車も何台かオシャカになってしまう。

でもエッタはジョゼに褒められ大喜び。


原作を持っていますが、この辺の話はすっかり忘れていました。ちょっと見返してみたら原作通りなんですね。ある意味新鮮に見れた。
ちなみにフランカの下乳はこの作品では大サービスにあたるのでしょうか?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック