ARIA The ORIGINATION【第4話】

休日も返上して働き続ける管理職?経営者?(出来高の個人事業主でも無いだろうし)のアリシアを見て、灯里はもっと役に立ちたいとアリシアに願い出る。

アリシアは何時ものようにあらあらとトラゲットを紹介する。
トラゲットとは渡し舟の船頭でシングルだけでも出来る客商売とのこと。

早速行ってみると寄せ場で人夫出しが作業場を指示。灯里は姫屋のあゆみとオレンジぷらねっとのアトラ、杏の3人とチームを組む事となる。

トラゲットが初となる灯里なので、2人が渡しをしている間、残った一人が灯里に教えるということで仕事が開始される。
先ず最初の教師はアトラ。杏がプリマへの昇格試験に落ちて暗いと言う事と、プリマ試験が厳しいと言う事を教えてくれる。
次いであゆみ。トラゲットが好きで、プリマにならずシングルのままトラゲットを続ける事を話してくれる。
最後がオドロマークを背負った杏。昇格試験に落ちても諦めず頑張る意志を見せてくれる。
・・・でも、トラゲットに関するレクチャーは無かった気が・・・

そして灯里の番が巡ってくる。まあ、そつなくこなして皆を驚かせるわけだ。

一日終わってお片づけタイムに入り、暫しの歓談。

灯里は操船いついて褒められ、プリマ昇格に関しても太鼓判のリップサービスが展開される。
灯里に羨望する杏だが、アトラがプリマになれないのは厳し過ぎる先輩のせいだと発言。
ちょっと諦めの入っているアトラは、このままトラゲットをと言い出すが、あゆみに私とは違うしょとつれなく言われてしまう。
なんで昇格試験を何度もチャレンジしないのかとあゆみに問われ黙り込んでしまうアトラに、杏が気持ちがちょっと解ると代弁。
昇格試験に落ちるたんびに、ウンディーネとしての自分が否定されてくみたいな気がして、どんどん萎縮していくと。
それじゃダメだと杏は言い、やわっこくなって自分を変え吸収しプリマになってやるとオドロマークを背負っていたとは思えない前向きな発言をする。
灯里もチャレンジしたいと思ったときが真っ白なスタートですと、もう遅いと言い出すアトラを励ます。

みんなが感動したところで其々の帰路に。

灯里は、忙しい中一人で切り盛りしていたアリシアの元へと戻る。


アトラと杏は今回限りにするには勿体無いお姉さんだな、再度の活躍を見たいぞ。

原作でこの話しを見たとき、灯里が藍華やアリスより先にプリマになるのかと思ったものです。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック