みなみけ ~おかわり~【第3話】 

おかわりになって肌色が増加、嬉しい事だがまた変な規制の呼び水にならないか、見てるこっちが心配してしまう。

千秋の学校で宿題が出てしまい、いつものメンバーがみなみけに集まり泊りがけで宿題を終わらせようと言う流れになる。

急な話にも快く承諾してくれる春香。寂しいと死んじゃうタイプの夏奈はホストファミリーを自任し燃え上がる。

早速集まり始めるメンバー。先ず吉野と内田が来訪、行き成りコタツでくつろぎ始る。次いで冬馬とマコちゃん、何故か藤岡がやってくる。千秋に許可が下りているのに何故かマコトがマコちゃんだったので、マコトはやり直し。藤岡は夏奈が呼んだらしい…意味不明だ。
ホストファミリーとして動き始める夏奈。
早々にパジャマに着替えさせられる女子小学生。夕食の鍋では鍋奉行として指揮を執ろうとするが、煮てしまえば一緒だと千秋によって全てぶち込まれてしまう。
食べ終わった後、腹を出して仰向けに横になる夏奈、藤岡に見られるわよと春香が窘めるが、先週全裸を見せた中なのでモウ無問題。

そして今週のメイン。肌色タイム。女子小学生が狭い風呂場で肌を晒しまくる。
ちなみにココまでは今のテレ東でもありなんだ?
画像


ここでホスト夏奈は、誰が一番大人なんだと炊きつけ競争心?を煽る事を忘れない。なんかサラッと流れた感じだが原作のほうがもうちょい印象が強かった気がする。

出てきた後も、大人と子供(胸のサイズ)で千秋だけを仲間はずれにしたりと、夜が更けて行く。

まあ、宿題が出来ていないのはお約束。


あと、先週から引き摺ってる感じの隣の引越し。父と子の2人家族の転居らしいが、原作に無い気がするからアニメオリジナル?滅茶影薄そうなんだが、どうすんだ?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック