スカイガールズ【第20話】

可憐とたくみが倉庫の備品チェックをしていると、常温で保存されたキャベツや人参、玉葱の箱からカメラの36mm 24枚撮りフィルムが発見される…

ちなみに攻龍は新造艦なのに何故フィルムが…とか突っ込もうと思ったが、Wikiを参照すると攻龍は改装艦らしい。心配のしどころは保存状態の悪そうなフィルムが劣化していないか程度か?

そのフィルムを使ってたくみは乗組員のスナップを撮りまくる事になるのだが、殆ど被写体が嫌がるようなシーンばかりを選んでフィルムに残すマネをする。

まあ、この辺は主題ではないみたいで、触発された音羽が自分のデジカメを使ってアイーシャと記念撮影することが大事。

笑わぬアイーシャ、写真を思い出と捕らえないアイーシャに、音羽が拙く説明したり、たくみのアルバムたりして。多少考えさせる事に成功?特に可憐の「思いは残る」には反応していた。

音羽の提案でSGの面々+アイーシャで記念撮影をしようとするが、そこにワームが登場。しかも攻龍直上に。攻龍のレーダーはどうなっていたのでしょうかね?

直ぐに迎撃に出るSDだが、ワームは高速で動き回り捉えることが出来ない。そんな敵に空中静止して迎撃を試みると言う(「戦闘空域では、決して30秒以上水平直線飛行してはならない」と言うマランの空戦十則がある位なのに)、信じられない戦闘を行い、防御性能の無い機体及びパイロットが何度も吹き飛ばされる事になる…ダンプがぶつかる程度でも済まない事だろうに、っていうか粉砕レベルだろ速度的に。

危機的状況に、アイーシャが音羽に良くされた事もあり、力を貸してワームを停止させる(そう言えばワームってどういう理屈で飛んでんだろ)。

空中静止したワームを見て呆けるSDに、冬后が攻撃を促して何とか退治する。瑛花リーダー失格だぞその反応は。

体力を消耗して倒れたアイーシャに、今まで気味悪がって距離を置いていた遼平や嵐子、晴子が、SDや攻龍を救ってくれた事を知り謝りにきてクルーのわだかまりが解ける。

最後に記念撮影をして終了。


で、たくみは何がしたいの?通信士?コック?写真家?どれもいい加減そうなんだが…

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック