灼眼のシャナII【第8話】

今週はシャナでも一美でも史菜でもなく、ましてや池でもないマージョリーの過去話。

悠二が力をつけ、どんどん遠い人になっていく事を感じた佐藤がマージョリーに泣きついてくる。

とっても今更間の強いこの佐藤の申し出に、マージョリーは死ぬよと告げ、ボソボソと昔話を始めてしまう、まあ、良くある酔っ払いのアレだ。

時は世界恐慌後のアメリカ。見慣れぬドレス姿のマージョリーが空を飛び、文明の加速を行うシュールな顔した徒(穿徹の洞)を討滅しようとする。

しかし、マージョリーとの初見になるシュドナイが出てきて、負かされてボロボロに。
止めを刺そうとするシュドナイだが、依頼主の穿徹の洞が興味なさそうにしたため(時間がもったいないと言ってたが、時間掛からんだろうあの状態なら…)命を拾う。

後顧の憂いを絶つのが普通だろうが、それが行われなかったためマージョリーのヌードショーが披露される、半端だけど…

そこに飛び込んできたのが新人フレイムヘイズのユーリイ。当然ただでもろ見してしまう。

このユーリイ、マージョリーからすると気迫も何も無い変なフレイムヘイズであった。
そして何の因果かマージョリーは、ユーリイに対して新兵教育することとなる。

新兵教育として暫く連れ歩くが、徒の話からユーリイのフレイムヘイズになるきっかけ話となり。乗船していた船を徒に沈めらたユウリイは、その時に誰も助けられなかった事を後悔しており、人を守る為に戦おうとしていると知る。

しかしそんな動機はフレイムヘイズとしてはダメダメと言う事で、マージョリーとマルコシアスにお前帰れと言われてしまう。

ユーリイと分かれたマージョリーは、エンパイアステートビルで目立っている穿徹の洞の下へと向かう…ってここで終わりかい!


悪くは無いんだけど、このSecoundは、なんか話作りが苦しそう、まるでStrikerSのような…

なんか全てが中途半端な時間稼ぎをしているだけのような…そんな感じを受けてしまうのだが…まぁ、気のせいですよね。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • (アニメ感想) 灼眼のシャナII 第8話 「過去への扉」

    Excerpt: 灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 ヴィルヘルミナと加えた鍛錬は徐々にその成果を見せ始め、悠二は次の段階へまた一歩踏み出そうとしていた。一方、悠二の状況を知りつつも何も出来ない自分の腑甲斐.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2007-11-25 03:20
  • 灼眼のシャナ? 第8話 「過去への扉」

    Excerpt: アンタ、死ぬわよ――。 燐子を倒せるまで力をつけた悠二。 佐藤は自分も力が欲しいと願う。マージョリーについて行くために…。 その姿にマージョリーはかつてNYであったフレイムヘイズとのことを話し出.. Weblog: SeRa@らくblog racked: 2007-11-26 20:51
  • 灼眼のシャナ? 第8話 「過去への扉」

    Excerpt: 佐藤は力が欲しいと言う、マージョリーについて行くために。 その佐藤の姿を見ていつかのフケイムヘイズの事を話す。 Weblog: ネギズ racked: 2007-11-28 16:02
  • 灼眼のシャナ? 第8話 「過去への扉」

    Excerpt: 舞台は世界恐慌から数年後のニューヨーク。 2期が始まってから一度しか目立っていない(汗)マージョリーの過去編です。 前回までのドロドロ日常系と話がかけ離れすぎていて... Weblog: かがみのひだまり日誌 racked: 2007-11-28 18:46
  • 灼眼のシャナ? 第8話 感想

    Excerpt:  灼眼のシャナ?  第7話 『過去への扉』  ・・・長いわww  題名どおりでしたからそこまで期待してませんでしたが、まあ予想よりは悪くなかったです!ただ、こんな話で... Weblog: 荒野の出来事 racked: 2007-11-29 20:17
  • ◎灼眼のシャナII第8話「過去への扉」

    Excerpt: マージョリーさんは昔の悪夢を見る。ユウジとヴィルヘルミナが鍛錬してるところをサトウが見る。そして、ヴィルヘルミナの出したリンネを倒す。そろそろ次の段階、自在法の構築をす... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2011-09-15 00:25