アイドルマスターXENOGLOSSIA【第25話】

あずさと千早、カラスにお母様が消え、元々アイマスキャラではないリファはモブ化し、トゥリアビータ方面の問題は雪歩と真だけ。

と言うことで、インベルも囁く雪歩の救出に春香が出撃する。

当初単機で突貫するが、大量のエピメテウスが行く手を遮り、雪歩の下に辿り着けない。そこで伊織と亜美、真美が遥か後方で援護を行い、群れるエピメテウスを東京に呼び込み春香の下から遠ざける。

早々にマダガスカルあたりから東京に飛んできたエピメテウスは、伊織がネーブラで迎撃迎撃迎撃の大活躍。
そして、あずさに優しくされて改心した?真も救援に駆けつけエピメテウス涙目。

前が開けた春香はトゥリアビータ基地に到着、千早にインベルを手向けようとする雪歩と対峙する。

春香は雪歩を説得しようとするが、何もしないでインベルに好かれた春香に雪歩は反発し、聞く耳を持たずに攻撃をしかける。

春香もそれに対するが、負け続けのインベルは今回も勝てず、ヌービアムの前に倒れ臥す・・・なんと言う弱い主人公機だろうか。

雪歩は、止めとばかりにランチャーをインベルに向けて発射するが、出てきたのはトロトロのクリームになった裸の千早。千早はインベルとの合一を行うが、インベルがここに居ないと言って消滅?

これについて春香が解説。「好きな人と一緒になるって、その人と同じになるんじゃない。きっと違うところをお互いに見つけて行く事なんだよ・・・インベルは千早さんを見ていたのに、千早さんはインベルに見てもらおうとするばかりで、インベルを見なかった、それは愛じゃない!」と勝者の余裕発言を行う。何故かこの発言で感じ入る雪歩であった。

と、その時朔の命令でウルトゥリウスが、トゥリアビータを攻撃。

その攻撃でリファやトゥリアビータは消滅するが、春香とインベル、雪歩はヌービアムが盾となり、自らは帰らぬ人となるが守りきる。


余談でネコがエピメテウスに攻撃され、朔が最後の敵として君臨。


上手い具合に風呂敷をたたんで行くがバスタルト、ミシュリンク、アウリンなどの言葉をキチンと説明してくれるのだろうか・・・訳わかんなくて困っているものでw

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック