キスダム【第24話】

ネクロダイバーが復活し天下分け目の最終決戦。
だけど主人公が個人的理由でしか行動しないため、相変わらず世界観小さし、被害者多し。

コーティングから復活し、取りも取らずに敵味方入り乱れる戦地に駆けつけたシュウ。目的は勿論由乃の事だけ・・・

樹に遇い愁と竜宮城に向かったと聞くとネコまっしぐら。ついでに乃亜が生死不明とも聞いているが聞き流すような風情あり。

竜宮城に向かうと途中で愁と遭遇。シュウに由乃の事を詰め寄られると愁は謝るばかり。そして愁は要領を得ないまま玲の攻撃からシュウを庇って死亡。

立ち塞がる玲の合体ハーディアンと、世界中から集まったベルゼブに襲われる竜宮城艦隊。シュウはどちらから対処するか悩んだところで、改心した京香に助けられた乃亜が女の感で得た現状打開策を持ってドルフィンで駆けつける。

ベルゼブは玲が操っているという誰でも解りそうな情報を伝えると、シュウは玲を、ヴァルダ、ヴァイレ、ヴァラールがベルゼブに向かう。主のためにしか行動しない筈のヴァルダ、ヴァイレ、ヴァラールが、心を得てしまったが故の悲しい行動だ。

シュウは玲のコア破壊に成功するが、それはベルゼブが制御できなくなる事に繋がり、ベルゼブが暴走。ヴァルダ、ヴァイレ、ヴァラールが悲しくも自らを犠牲に地球上の全てのベルゼブと共に消滅する。
そして、シュウは生き残るのは俺だ~と言って、玲に止めを刺しに突っ込むシーンで終了。


で、結局ネクロダイバーって何したの?ベルゼブは玲が操れるし、そのベルゼブを倒したのはヴァルダ、ヴァイレ、ヴァラールの悲しき3人娘。竜宮城など人間も良く頑張ったと思う。でも肝心のネクロダイバーったら・・・いらなかったんじゃね?

しかし・・・ヴァルダ、ヴァラールが勿体無い(ヴァイレは趣味じゃないので除く)・・・

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「キスダム -ENGAGE planet-」24話 光姫(オクリビ)

    Excerpt: 七生がなんかあっさり死んじゃった。 もっと粘ると思ったのに。 しかもシュウをかばったわりにシュウはむしろ由乃のことの方に気を取られまくってたのは笑った。そりゃシュウには由乃が一番の優先事項なんだろ.. Weblog: 蒼碧白闇 racked: 2007-09-12 13:27
  • キスダム【第24話】「光姫」

    Excerpt: シュウは愁から由乃を見失った事を聞き絶望し、全てを終わらせると・・・ ハーディアンの攻撃で愁はやられ、大量のヴェルゼブによって樹達が乗っている潜水艦もやられそうになる 全ての指示を出しているのはハーデ.. Weblog: フカヒレ家 racked: 2007-09-12 17:09
  • キスダム -ENGAGE planet- 第24話「光姫-オクリビ-」

    Excerpt:  今回はただただシュウの「由乃~!」につきます。もうこればっかりでした。そして終盤になっても話の流れは相変わらずのキスダムクオリティ全開です!七生の扱いが哀れすぎます。しかしシュウが復活してもOPが変.. Weblog: コツコツ一直線 racked: 2007-09-12 22:51
  • キスダム 第24節 【光姫 オクリビ】

    Excerpt: 誰だ!?(゚Д゚;) 誰だ、アレ!!由乃?残り2回なんじゃないのか?シュウはどこに旅立っちゃったのよ!!! (笑)彼がいなくなってしまったっぽい乃亜のナレーション。それにしても、すごいな~ このアニメ.. Weblog: 鳥飛兎走 racked: 2007-09-12 23:32
  • キスダム 第二十四節「光姫」

    Excerpt:  まさかライバルポジションとして十分な地位を確立していた七生があっさり死ぬとは思 Weblog: 超・戯れ言 racked: 2007-09-13 21:31
  • キスダム -ENGAGE planet- 第24節 「光姫 オクリビ」 感想

    Excerpt: いつも抱っこなので、たまにはおんぶ 描きかけですが(;´Д`) 七生あっさり死亡 恨み節言わせる暇もなく、なんか急に改心したかのようにシュウを庇って柚姐のえじきに。 苦しんで死ねばよかったのに・.. Weblog: 娯楽総研 racked: 2007-09-14 23:43
  • レビュー・評価:キスダム ENGAGEplanet/第二十四節 光姫

    Excerpt: 品質評価 17 / 萌え評価 17 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 52 / お色気評価 94 / 総合評価 31<br>レビュー数 17 件 <br> <br> 死を覚悟した樹達の前に、封じられてい.. Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン racked: 2007-09-15 19:42