アイドルマスターXENOGLOSSIA【第19話】

先週人質にされた亜美を救出に向かった春香だが、インベルは奪われ、雪歩の操るヌービアムの排気で吹っ飛ばされてしまう・・・助かる訳けない高所から。

インベル、ヌービアム、ヒエムスがトゥリアビータの手に渡り、ネーブラも稼動不能。

トゥリアビータ、モンデンキント共に特殊部隊を投入、地上では歩兵同士の戦闘が始まる。

稼動不能に陥ったネーブラだが、エロパワーで伊織に応えて復活するが、ネーブラを回収に来たエピメテウスがその前に立ち塞がる。

インベルを奪い、帰還のついでに亜美を連れ去ろうとする雪歩だが、亜美の危機にテンペスターズが出現、テンペスターズはメッチャ強いっす。

あっと言う間にインベルとヌービアムを叩きのめし、エンシェントリリック眠りの唄でプロメテウスもエピメテウスも沈黙させてしまう。

これを見た朔がマズイと言って、ウルトリウスを発動させ、プロメテウス全機の破壊を目論む。

ウルトリウスは以前伊織が設置した監視衛星で、ミラーを展開しエネルギーを得るソーラーレイのようなもの?っぽい。

それを防ごうとエピメテウスが最初に向かうが、役に立たず、次いでテンペスターズが地上100㍍で受け止める事に成功するが、テンペスターズは爆発、コアはどうなったか不明。
生きているらしい春香は、モンデンキント特殊部隊の手に。


えっと結局プロメテウスの版図はどうなったのでしょうか?
面白いけど、某作みたいに秘密が多すぎて訳わかんないっすよっ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック