機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第14話】

今週の日本の卑怯な真似の対象はドイツ。
情報を制する者が勝つと解っていても見ていて気持ちの良い作戦ではない。

それは置いといて、ドイツのギガンティック搭乗者は、ドイツの人工天才計画で生み出された少年と15歳にして胸の無いマニアックな少女、ミハイルとエレナ。

ミハイルはギガンティックによる侵食を受けており、同様の症状を持つ慎吾も興味津々。

戦いは、遠距離攻撃をレギュレーションで封じられたため、湖を挟んで対峙した近距離戦闘。

レオンは自ら通常攻撃は効かないとか言っているのに、ミサイル攻撃を行い、反撃でライフル攻撃を受け大破。
次弾でレオンを庇いルクレツィアが倒れ、無謀な突進で再攻撃を受け爆散。

イタリアのギガンティックは機動性の高い機体(HP参照)とあるのでそれを活かせなかったのが敗因だが、それ以前にミサイル武装がメインと言うところがそもそも間違っている気がする・・・

・・・でも、本来で考えるとドイツの機体とイタリアの機体の特性を考えるとイタリアのほうが有利な気も・・・

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック