アイドルマスターXENOGLOSSIA【第15話】

黒春香の夢を見て目を覚ます千早。
インベルの盗撮フォルダを発見し、ありがとうと言う春香。
そして最近ダメダメになった課長が倒れ入院する。

と言うさわりがあって、本題は整備用始動キーをインベルに差したら、インベルが本性を剥き出しにして、女の子を求め暴れまわると言う話。

整備員や春香達もそれは理解しているようで、コスプレで誘惑するが、ウケに走った伊織のゴキブリでインベル大激怒(たぶんゴキ扮装より伊織は、ネーブラのお手つきだから怒ったと思われ)、基地を飛び出し街を破壊しかねない事態に陥る。

朔は機関に掛け合い、インベルの破壊承認を取り付け、朔は実行しようとするが課長が現れ、基地を犠牲にインベルの始動キー破壊作戦に切り替える。

インベルが進む射出カタパルトの床を抜きインベルを下の空間に落し(なんで下にそんなスペースが???)、ネーブラでインベルを組押さえ、整備員がコクピットを開放、超音波で始動キーを破壊、騒動を収める・・・ってかコクピット開けた整備員が始動キーを抜けば良かったのでは?鍵穴にゴミが詰まりそうだわ、大事だわでなんだかなぁ。

最後は春香が、またインベルの隠しフォルダを発見し、千早の画像が出てきたものだから暗く嫉妬。


なんか伊織があまりに不憫だ、目立てないより良いのだろうけど。

インベルやネーブラの隠しフォルダから、そのうちコラも発見されそうで・・・楽しみです。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック