アイドルマスター XENOGLOSSIA【第7話】

先週リファの仕掛けた策に嵌り、春香は千草に血だるまボロボロにされ、慣性制御システムを壊されたインベルごと成層圏界面よりポイされたという続き。

慣性制御システムの作動しない状態で落とされては、中の春香は挽肉になってしまうと言う、あわやな流れだが、気づけば医務室、真に助けられたとの事。

戦闘は大胆にカット、春香を追うのが主眼と言うのはそれはそれで潔くてよい・・・肩透かしは否めないが・・・

で、今週の主眼は、コテンパンに負けた春香がインベルに嫌われたと思い、落ち込んで田舎に戻ってしまうと言う暗い話。

伊織がインベルを起動し(出来たのか・・・)、春香の下に届け、春香が思いとどまるという締めでした。

その後、春香がインベルで帰投し、うっかり残された伊織が財布も無く1週間かけて帰ってくるなどと言うサイドエピソードがあるかは知らない。


普通であれば、怖い目に遇い怪我をした事で恐怖心からインベルに乗る事が出来なくなるという話が考えられるのだが、この作品はインベルに嫌われたと落ち込む話になっている、しっくり来ないがそういう話で二番煎じにならないところは評価できた。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック