魔法少女リリカルなのはStrikerS【第6話】

先週事件があったので今週はまったりモードに戻り、実戦部隊は練習、トップは人脈巡りを繰り返す。
訓練はスバルの防御云々は良いとして・・・エリオとキャロに教える逃げろ避けろは本当に実践向きなの?っていうか自動兵器が動性標的とは言え当てられないのは射撃管制ソフトが悪すぎるんじゃあないのか?当てるための機械から姿晒して逃げる事は無理だろ?もっともアニメで自動兵器の弾に当たる主役級キャラと云うのも見た事無いが・・・
ティアナの自らに迫る弾を打ち落とすのもおかしい?砲身があってその狙いから弾を打ち落とす、剣で切るなどなら無理やり理解してやらん事も無いが、発生源も軌道も不明な弾を処理するのは理解の範疇を超えてます・・・狙って打ち落とせるくらい弾速が遅いなら避けたほうがこっちは正しいだろな・・・
・・・と、思った。

過去作のなのははフェイトやはやて(ヴォルケンリッター)など魅力的な敵が居て成り立っていた、今話で敵に関して少し触れられたが、まだ、魅力云々があるのかないのか全然解りません。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック