がくえんゆーとぴあ まなびストレート!【第4話】

本人の意思に関係なく数の暴力で学級委員をさせられる小学生時代の芽生。
当初は頼られていると信じ張り切って従事するが、それが単なる押し付けであり、苛めにも等しい行為だと解ってしまい芽生は打ちひしがれ涙を流す。
唯一の救いはむつきが傍にいたことか?なアバンから今週は始まりました。

学美の夜間召集しから数週間、未だに悩んでいるらしい学園祭コンセプト・・・
先週の盛り上がりはなんだったんだ?

5人より100人で考えたほうが良いと、校内校庭を走り回って至った学美の考えに、生徒からアイデアを募るためのプロモ作成を提案する芽生。

芽生の個人所有か、大仰なシステムを生徒会室に持込み、早速プロモ作成に取り掛かる。

学美がガーとかギュギューンとか擬音で演出を芽生に伝え、それを的確に再現する芽生、半端でなく有能すぎっていうか以心伝心?

帰りがけ、芽生の腕を引っ張り、何時もの様にラーメンの買い食いに向う御一行。
そこで、芽生の有能振りから褒め殺し、生徒会への誘い、芽生が居れば自分達は要らないのコンボ発言をしてしまい、芽生はアバンの過去を思い出し帰ってしまう。

学美は追い駆けようとするが、それをむつきが制止し、学美達に芽生の過去を教える。

翌日以降芽生は学校に来なくなる、学美はプロモ作成を自分達で始める。
発表しようとする生徒総会まであと2日とせまるが、進まぬ作業。
むつきは簡単にうちらが出来るレベルにしようぜと提案するが、「芽生ちゃんは私たちが体よく押し付けようとしたってと思ちゃったんだもん、私たちはそうじゃないんだよって解ってもらえるためにも決めた通りにしなくちゃ」と学美らしいことを言うが・・・間違いなく押し付けようとしてました、それと無理な物は無理と把握(ry

無謀な指揮官命令に徹夜での対処を余儀なくする光香とむつき、なんかもう悲惨だな。

学美が居残りの申請しに向った合間にむつきは芽生宅へ、合鍵の場所を知っているからといって無断進入し、悶々としている芽生の部屋にノックもせずに闖入。

むつきの他愛も無い話から、芽生は自らプロモ話を切り出し、押し付けるつもりだったんでしょと過去をフラッシュバックさせながら責めたてる。
むつきはそれに応えず、なんで高校に行く事にしたんだと質問で返すが、知った口を聞かないでよと取り付く島がない。
むつきは頭を掻いた後、終始背を向けたままの芽生に、プロモは自分達で完成させようとしていると伝えて去る。

むつきの自分達で作成しているという言葉につられ、ネットを介し生徒会室の様子を盗み見る芽生。
実際作っているところを確認、むつきが戻ったところでベッドに潜り込むが、「出来る訳無いわ、生徒総会で恥をかけばいい、ざままみろだわ。」と中々ダークな芽生です。

寝こけて目覚めたAM5時?もう居ないと思いながら再度生徒会室を覗く芽生、しかしそこには今だ頑張るむつき達が映し出され、「なんでそこまで、なんでそこまでやるのよ!」と叫ぶ芽生。
直後カメラはむつきが学美に芽生に拘る理由を聞くところを芽生に見せる。

むつきの質問に学美は学美節で、
「芽生ちゃんは何かを見つけるために学校に通っているんだと思う・・・
・・・他の皆はまだ生徒会に興味は持ってくれてないけど、芽生ちゃんは手伝ってくれる・・・
友達になりたい、私は芽生ちゃんと友達になりたい。
一緒にご飯食べて、一緒に勉強して、一緒に遊んで、一緒に悩んで、同じ時間を過したい。
3年間と言うかけがえの無い時間を芽生ちゃんと一緒に。
それで何時か聞けたらいいな、探していたものは見つかったって?
その時聞かせてもらえるようにするんだ、芽生ちゃんと友達になって。」
と応える。
それを見て琴線に触れた芽生は涙を流して嗚咽し、私も一緒にと気持ちを吐露する・・・ここで幽体離脱で学美達の背後に飛ぶ芽生のシーンで「もう、見つかっていたんだ」と芽生・・・

翌朝、机で目覚める学美たち、慌てる学美だがプロモは完成していた、光香が小人さん説を主張するが、当然芽生の助力。

そして芽生不在の生徒総会で遂にプロモを公開するのだが、素直に流れず途中でブロックノイズが発生、フリーズしたとの事・・・???
むつきは一旦中止を進言するが、学美は諦めないと宣言、芽生を心で呼ぶと、大仰に芽生が登場、光香にハルヒ張りの指示を出しプロモを無事流す事に成功する。

ラストはエンディング抜きで勝利のポーズ…手段が目的化してます?
そして芽生は生徒会に参加することに。


芽生の幽体離脱シーンは、ちょっと過剰すぎでしょ?
先週もそうだがあまりに過剰演出だと作品の品位が落ちて勿体無い気がします、ついでにドン引きしてしまいます。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック