乙女はお姉さまに恋してる【第12話】

先週の貴子様誘拐事件によって、貴子様に無い乳を見られ男とバレてしまう瑞穂。
衝撃を受けた貴子様はその場を逃げ出してしまいます。

翌日の学院はその誘拐事件の話題でもちきりだが、当人たちは誘拐事件より大きな問題に悩みます。
貴子様は誰にバラす訳でもなく、接触してくる瑞穂を避け。
瑞穂は説明したいのに受け入れてもらえず佇むばかり。

瑞穂は寮では、良くも悪くもダンスパーティに盛り上がる皆に巻き込まれる、一子の早口は聞くものの思考を止まらせるにはもってこいですね、記憶にも残らないし。
そんな愉快な皆と卒業式を迎えたいと思いを馳せるが・・・皆が寝静まり自室で学校を辞める決意をする瑞穂、「お姉さま失格ですね・・・」と呟くが・・・って瑞穂、それ最初から資格が・・・

瑞穂は昼休みに、仕事をすることで件を紛らわす生徒会室の貴子様の下を訪れます、ドアの外から伝えたい事があると言い、エルダー最後の勤めとしてダンスパーティへの参加をお願いします。
咄嗟にドアを開けようとするが思いとどまり泣き崩れる貴子様・・・大泣きです。

そしてパーティが始まり、会場に現れた瑞穂は視線を独り占め、ついでに紫苑も現われ人気の健在ぶりを披露します。
だが、貴子様は体調不良を理由に欠席、会場に姿を見せない。

雪降る夜の校庭で貴子様は、微かに聞こえるパーティの音楽を聴き、この音楽が終わった時あのお方は・・・と一人黄昏ていた。
そこにまりやが、仲直りしにきたと声を掛ける。
まりやは自分と貴子が似ていると告げる、似すぎて正反対だけど、どっちも恐ろしく意地っ張りで素直じゃない、事好きな人に対してはと話し、貴子がどうしたいのかを問う。

会場ではラストダンスの相手を瑞穂が選ぶイベントに、会場を見渡す瑞穂は貴子様の姿を認める。
ゆっくりと近づき貴子様に手を差し出す瑞穂、貴子はその手を取り会場が見守る中で二人の時間を紡ぎます。
瑞穂はダンスパーティへ出席できた事を貴子様に感謝し、思い残す事は無いと別れの言葉を述べる。
しかし、貴子様は勝手に決めないでくださいと言い、エルダーの功績、会場の皆が望まないと別れの言葉を制止し、そして裸を見た事とキスした事の責任を追求する。
瑞穂が怯んだところで会場の突然ライトが消える、焦ったところで手を握られた貴子様は一気に愛を告白、めでたく貴子様×まりやエンド?ボー然と見る瑞穂。

エンディングが流れる中(正確にはオープニング)、まりやと貴子様の言い合いを経て、瑞穂がダンスしたい女性徒に囲まれ、めでたくハッピーエンド。


最終的に誰エンドでもなく、明るく楽しいハッピーエンドを迎えたおとボク、原作を知らないのですがこのアニメはとても好感が持てる作品でした。
嫌いなキャラが存在しないし、毎週必ず笑える、貴子様に至っては一挙手一投足に一喜一憂させられました。
不作の今期9月開始の12月終了の1クールアニメの中で、浮き沈み無く唯一精彩を放った作品だと思います(2クール以上の作品は除く、終わってないし)。
5段階評価で5を差し上げます。

追記、貴子様は他のブログ様でも好評ですし、来年のアニメ最萌トーナメントでは有力候補でしょうねw

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月27日 04:48
ども。
おとボク終わっちゃいましたね・・・
でも、同じオトボクブログ同士相互リンクしませんか?(リンク貼っちゃいました・・・w)
よろしくお願いします。
美しい夢想家
2006年12月27日 08:01
リンク有難う御座います。
此方も貼らせていただきました。
これからも宜しくお願いいたします。

この記事へのトラックバック