銀色のオリンシス【第9話】

100年後の世界から来たと告げるセレナ、ジンが死ぬ事も何もかも判っていたとの話に、トキトは見殺しにしたのかとセレナを叩きます。
自分が敵に突っ込み勝手に危機に陥ってジンに救われたのは棚上げですか?

まあ、この事でセレナが去る事になる。

ガーデナーを退け花咲き乱れる草原に出たレジスタンスに対し、コウイチは、立体映像を使い、3日後に地上の人類を殲滅すると宣言します、勝手に実行すれば良いものを宣言するという意味不明の行動・・・所詮トキトのご先祖様です。
ちなみに、100年後のセレナがいたので実行性は既に不確かです。

ジンの葬儀が終了すると、レジスタンスはトキト達に銃を向けて囲み、執政官がトキトに似ている事、同じアイザワ姓であること、1000年前の記録画像に執政官とテアが写っていることを問い質します。

ここで、テアがアーティと言う人工生命体であること、トキトがコウイチの子孫であることが判る。
テアはトキト達に害が及ばないよう、自らレジスタンスに拘束されるが、トキトはテアテアして(テア、テア言って駄々を捏ねる様)レジスタンスリーダーに打ちのめされるが、その時リーダーに「必ずチャンスをやる、夜を待つんだ。」ささやかれる。

トレーラに戻り、ミスズはトキトの部屋に入り決死の告白をする。
「一緒に逃げよう・・・私と暮らすのが一番良いんだよ・・・ずっと面倒見てあげるから・・・」と、しかしトキトは居やしないw

トキトは、レジスタンスリーダーに従いテアを救い出し、ズィルバーで出撃する。


色々、登場人物同士の会話が噛み合っていないと言うか、正しくない追求の台詞が多いと言うか、一々突っ込んでられないのですが・・・これは、未来人感覚で片付けるしかないのかな?

トキトのセレナからテアへの乗り換えの早さはアリですか?
まあ、セレナが言った言葉からセレナ=テアは間違いないので、乗り換えていないのかも知れませんが・・・まあどうでもいいか。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 銀色のオリンシス 第9話「哀色の墓標」

    Excerpt: アニメージュ 2006年 11月号「ジンを見殺しにしたのか?」 おいおい、トキトさんよ。 ジンが死んだのってあんたが調子こいて深追いして、間抜けにも身動き取れなくなったせいでしょうが。 相.. Weblog: シバッチの世間話 racked: 2006-12-01 20:34
  • 銀色のオリンシス 第9話「哀色の墓標」

    Excerpt: 銀色のオリンシス 第9話「哀色の墓標」ミスズ悲運。ちょっと可哀想過ぎないかい。 Weblog: 恋華(れんか) racked: 2006-12-02 01:08
  • 銀色のオリンシス 第9話 「哀色の墓標」

    Excerpt: やべw このアニメ面白いかもw 先週の態度をいきなり覆し良く分かんないマジギレをするトキトさん。 さらにあろう事かセレナさんにビンタですビンタ。 もうダメ男キタコレw セレナが未来人.. Weblog: ミスター馬鹿侍の戯言 racked: 2006-12-02 19:11
  • 銀色のオリンシス 第9話「哀色の墓標」

    Excerpt: レジスタンスに協力する事を決めたトキト達は いよいよ空への扉の扉を破壊するために侵攻、 しかしボルフとガーデナーに待ち伏せされ、その過程で ジンは命を落としてしまう。未来は変わらぬと知ったセレナ.. Weblog: ミナモノカガミ racked: 2006-12-02 21:08
  • 銀色のオリンシス 。。。。 第9話 哀色の墓標 。。。。 謎は ほとんど 説明された・・・・ あとは・・・・

    Excerpt: 叫び 崩れるミスズ。 トキトは ミスズの元から いなくなりました。 気の毒だけどねぇ。。。。 やはり 地球にとって 人類は 病原体でしたか。 執政官の考えは よくある絶滅志向型のSF小説の.. Weblog: 幻影現実 私的工廠 ブログ racked: 2006-12-02 21:11
  • 銀色のオリンシス第09話「哀色の墓標」感想

    Excerpt: なんだか急展開で面白くなってきたこのアニメ!!いったい今回はどんな話なんでしょうね~。銀色のオリンシス(1)[限定版] (初回限定生産)早速感想。そうだ・・・ジンが死んだんだった・・・セレナがばちばち.. Weblog: accessのweb飛行機写真館 racked: 2006-12-05 22:57