Kanon【第10話】

真琴編フィナーレです、もう会うことは出来ません。

既に言葉を話せず、感情も見せなくなった真琴、祐一は美汐に会ってやってくれと身勝手なお願いをします、これは自分が真琴を持て余している事の現れでしょう、卑怯に映ります。

美汐に会わせる事で、真琴は忘れていた自分の名前、祐一の名前を思い出し言葉に乗せる事が出来ます、美汐は一時的なものと告げ、再度熱を出した時が最後だと話し、そして望んでいた事があるのならどうか叶えてやって下さいと祐一に願います。

真琴に願いを叶えるぞと問うも真琴は理解できずに、力なく祐一にじゃれるのみ。
祐一は真琴と名雪親子を連れ立って、夜の街に繰り出します・・・家族の思い出を作る為に。
好きな物を食べろと真琴に勧めるレストラン。
今まで寂しげに見つめていたプリクラ、一人きりで写した事もあったそのカメラの前に、好きな祐一と大切な家族名雪、秋子と共にファインダーに収まる真琴。
雪積もった冬の夜の花火、これはネズミ花火の悪戯の時の約束。
それは、祐一が思いつく限りのプレゼント。


その夜、真琴は熱を出してしまう。
美汐に警告された熱だが、夜が明け疲れからかベッドの脇で眠る祐一を起こす真琴。
欲しいものはないか?真琴は俺が居れば良いんだものな、再び朝を迎えられた真琴に問い自ら解を出す祐一。
好きだった漫画を読んで聞かせ、そして「結婚したい」という前回の真琴の言葉に至る。
「結婚しよう。」祐一は、真琴の手を取り、秋子さんに送られて家を出、家の前に佇んでいた美汐と学校までの道のりを過し、学校で名雪に最後の別れと遊んでもらい、物見の丘へと向う。

物見の丘は、外界と切り離された様相で雪が無く、緑の草が二人を迎える。
そこで祐一は、用意した二つの袋の一つから真琴の好きだった肉まんを出し、二人で食べる、広い丘青い空の下交互に一つの肉まんを口にして。
目に映るもの全てが朱に染まり、日が落ちようとする中、祐一は「さあ、そろそろ始めるか」と寝ていた真琴を起こす。
残りの袋からベールを取り出し、「ウェディングドレス一式買うなんて無理だから。」と、真琴の頭に掛ける。

それは二人だけの結婚式、誓いを立てる祐一。
真琴の願いは成就したと信じる祐一、出会いからを思い浮かべ好きだったと、それに気づいてくれていたかを心配する。

風が吹き、抑えていた真琴の手を離れベールが空に舞い上がる。
泣き崩れる真琴に、今日はめでたい日だと真琴の背後に腰掛て頭をなでる祐一。
祐一は真琴の鈴を鳴らし、これで遊ぼうぜとそう言い交互に、静かに悲しい音色を響かせます。

飽く事無く続ける二人だが、真琴は徐々に最後の時を迎える、静かに眠るように・・・
鈴を付けた真琴の手が下がり、そして鈴のみが草の上に音を残す。
抱えていたはずの真琴の姿は、祐一の手から失われていた。

緑の丘は冷たい雪に覆われ、祐一は真琴の名を叫ぶが奇跡の時は終焉を迎えていた。


学校で校庭を眺める祐一の下に現れる美汐に、「同じ夢を見ていたんだよな俺達は、そしてそこから帰ってきた・・・」と祐一。
「もし、奇跡を起こせたら、相沢さんなら何をお願いしますか。」との美汐の問いに、そんなの決まっているさと応える祐一。

春の日差しの中眠る真琴と、その腕を枕にするピロ、カメラが引きエンディングへ。


たんと泣きました、ですが、涙量で測るとAIR観鈴>東映Kanon真琴>京アニKanon真琴です(ゲーム除く)。

良く出来ているのですが、盛り上がりへ続くテンポがちょっと平坦な感じを受け真琴が姿を消すシーンが、大人しくあっさりし過ぎな気がしました。
辛いですか?でも、リメイクだから、色々思うところあるですよ。

東映版は、物見の丘に向うところまで名雪親子は狐と知らず、人間として扱い心配し、レストラン、プリクラ、花火に付き合い医者に見せようとします。
最後の時が迫り、祐一が動けなくなった真琴を背負って物見の丘に発つ時に、名雪親子が心配して止めようとします。その時に初めて祐一が全てを告げます。
秋子さんは原作や京アニ版と同じく狐を覚えており感慨深く泣いてくれました。
そして、真琴は物見の丘へと向う道を登りながら、祐一の背中で鈴を鳴らし続けるのですが、丘に着く寸前に力尽き天に召されます。
泣き所数は少ないですがその分、泣き所が強調されていたので、私は東映版を推します(取り敢えず真琴編に関して)。

どちらを贔屓するという気持ちはもう無いので、以降のヒロインについても個人的な比較は続けたいと思います。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

この記事へのコメント

2006年12月08日 21:18
こんばんわ、きつねのるーとと申します。私と同様に東映版に好意的な評価を見て安心しました。

>東映Kanon真琴>京アニKanon真琴です(ゲーム除く)。

こと、真琴シナリオの泣き所の持ってきかたは反則に近いくらい威力がありましたよね。確かに、原作を知らないと感情移入が辛い部分や、尺の不足から来る描き足りない感があるのですが…

でも、自分と同じ意見を見つけるのは嬉しいです。
ではでは
夢想家
2006年12月08日 22:25
きつねのるーと様
コメント有難う御座います。
私としても同じ考えの方がいらっしゃたこと大変嬉しいです。
黒歴史にされてしまった東映版なので、触れられる方も少ないでしょうし、ガチと京アニを推される方が多いと思いましたが、敢えて東映版に触れ推させて頂きました。
基本的に東映版は東映版、京アニ版は京アニ版として見るようにし、其々良いと思いましたが、涙の量は異なりましたのでこの様に書かせて頂きました。
この後続くメイン4ヒロインを京アニがどう料理してくれるのか期待しております。

ただ、今回既に真琴エンドですっきり締まって(結婚とか)しまっているので、続けるのも大変そうな気もしますよね、ある意味これから先は全部浮気ですし・・・

この記事へのトラックバック

  • Kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

    Excerpt:  今日のような日には、自分がレビュアーであることが心底恨めしく思えます。この気持ちを温めたまま、寝床に潜り込んで全てを送り出すことができたなら、どんなに幸せだろう、って。それに、私が彼女について語れる.. Weblog: Old Dancer's BLOG racked: 2006-12-08 18:55
  • Kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

    Excerpt: 脚本:志茂文彦 絵コンテ:吉岡忍 演出:三好一郎 作画監督:米田光良 4話のスタッフと同じですが、演出に三好一郎さんが加わってます。 三好さんが出てくると、京アニが本気を出してきた証拠。 こ.. Weblog: AGAS~アーガス~ racked: 2006-12-08 19:44
  • Kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

    Excerpt: なぜ?と考え出すとキリがない、奇跡の物語の第一幕が下りた。 原作ゲームの時代から様々な解釈がされてきたこの作品も、映像の圧倒的な光と影の描写の前では語る言葉を失くす。 原作は設定やシナリオは粗く、.. Weblog: Cross Channel racked: 2006-12-08 21:22
  • 『KANON』 第19話 観ました

    Excerpt: とうとう、真琴は去ってしまいました。 この真琴の話は、去り行くものを残される者はどう見送るか、その理想論が見えたような気がいたします。ただ単純に「お前の事を忘れない」と言うよりも深い次元で、ふか~く想.. Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 racked: 2006-12-08 21:22
  • アニメ「kanon」第10話 感想。

    Excerpt: 第10話「丘の上の鎮魂歌~requiem~」 寂しがる真琴を秋子さんに託して、祐一は1人出かける。 学校の校門前。祐一は天野未汐と出会い―― 祐一は語る。真琴はもう言葉を話せない、人間ら.. Weblog: 夢の日々。 racked: 2006-12-08 22:10
  • Kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌 ~requiem~」感想

    Excerpt: 神。 Weblog: ざとぺったん☆ぶろぐ racked: 2006-12-08 22:37
  • Kanon第10話「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

    Excerpt:  真琴は、高熱を出した後徐々に人間としての能力が低下し、日常生活も出来なくなってしまった。その事 を祐一に教えた美汐も以前、祐一と同様の経験をしていたので、かつて妖狐と呼ばれていた狐との別れ のつ.. Weblog: アニメのストーリーと感想 racked: 2006-12-08 23:42
  • 『Kanon』第10話「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

    Excerpt:  もはや満足に言葉を喋ることもできなくなった真琴。彼女は祐一を除いた全ての人間、名雪や秋子さんにさえ心のどこかで壁を作って気を許しません。祐一は真琴にせめてものことをしてやろうと、真琴と会ってくれるよ.. Weblog: Moon of Samurai racked: 2006-12-09 00:47
  • Kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

    Excerpt: やっぱり京アニだけはガチ!! Weblog: 電撃JAP racked: 2006-12-09 01:20
  • 「Kanon」第10話

    Excerpt: = 第10話:「丘の上の鎮魂歌~requiem~」 =    内容については最早語る気は……。  以下ウルっときた。若しくは泣いたシーン。  美汐との邂逅。   「お名前は?.. Weblog: 月日夜の嗜好感想記2~健全なブログを目指して~ racked: 2006-12-09 05:25
  • (アニメ感想) Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌(レクイエム) ~requiem~」

    Excerpt: Kanon 2 徐々に人間らしさを失っていく真琴。そんな彼女を優しく見守る名雪と秋子。祐一は、やがてその時が近づいていることを自覚し、美汐に真琴にあって欲しいと頼むのでした・・・。 Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2006-12-09 11:34
  • TVアニメ Kanon 第10話 丘の上の鎮魂歌 ~requiem~ 感想

    Excerpt: 「TVアニメ Kanon」 まあ、ぶっちゃけあまり言葉にならない。 どうにもこうにも言葉にならないのが本音ですけど。 とにかく丁寧に綺麗に描かれていたな。 そして、寂しいんだけ.. Weblog: 空色なおれの日々 racked: 2006-12-09 15:02
  • Kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌 ~requiem~」

    Excerpt: だからっ……1クールでいいじゃないかっっ。゚(゚´Д`゚)゚。 ファンの方々に比べると、どちらかと言うとアニメ版Kanonの視聴にはあまり思い入れが無いのですが、このような否定的な立ち位置を真っ.. Weblog: 万聞は一見に足るやも racked: 2006-12-09 21:26
  • Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌 ~requiem~」

    Excerpt: Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌 ~requiem~」 しばらく学校を休んでいた祐一は美汐に会いに学校へ向かう。真琴は祐一と離れ離れになるのが悲しそうであるが、もう言葉も話せないように.. Weblog: 伏雛的BLOG racked: 2006-12-10 01:22
  • Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌 ~requiem~」

    Excerpt: あう―――(TAT)―――っ!!!! あう、あ、うあぅ あぁぅぅ! あぅうあ、、あぅ あうあう!? あううあうあ あううぅぅぅ・・・・ Weblog: ― ゆうろの深夜アニメ!― racked: 2006-12-10 09:55
  • Kanon 第10話 丘の上の鎮魂歌(レクイエム)-requiem-あらすじ&レビュー

    Excerpt: (必要なのはタオルと水分補給) ■祐一の部屋の前 朝 部屋から出てくる祐一 [相沢祐一] じゃあ、ちょっと出かけてくるからな、真琴 祐一、中にいる真琴と秋子に声をかける [沢渡真琴].. Weblog: アニすじ! アニメあらすじ&レビューblog racked: 2006-12-10 10:02
  • Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

    Excerpt: もし、奇跡を起こせたら…相沢さんなら何をお願いしますか? 束の間の奇跡の終わる時――。 真琴と見た夢のおわり。 願いは成就したのか? 少女は幸せだったのか… 真琴編、終章です… Weblog: SERA@らくblog racked: 2006-12-10 10:34
  • kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌 ~requiem~」

    Excerpt: 隊長!涙で前が!!画面が見えません!!!。・°°・(;>д Weblog: 神音の萌え源泉 racked: 2006-12-10 17:05
  • Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌」

    Excerpt: 真琴編最終回!! 正直あまりにも良すぎて書くことほとんどありません。 何を言っても陳腐な感想になりそうだったので 今回は シンプル イズ ベスト!! べ、別にめんどうだから簡単.. Weblog: アバトーンの理想郷 racked: 2006-12-12 18:49
  • まじめにふまじめKanon第10話

    Excerpt: なんというかレビュー泣かせのアニメですね。 確かにアニメレビューを義務だと思い込んではいけませんが、レビューするためにアニメを観ているといった本末転倒な事になっているのもまた事実。だからこそ涙を流し.. Weblog: マニア研究所 racked: 2006-12-12 19:19
  • Kanon 第10話

    Excerpt: ■Kanon■ Weblog: King Of ヘタレ日記 racked: 2006-12-13 02:28
  • Kanon第10話 「丘の上の鎮魂歌 ~requiem~」

    Excerpt: 全く・・・話云々よりまず京アニの演出が憎い・・・! この淡い配色は卑怯だって言ったでしょ! Weblog: どこまでも高みへ racked: 2006-12-13 18:16
  • TVアニメ Kanon真琴編

    Excerpt: 「春が来て、ずっと春だったらいいのに・・・・」 バイトで忙しかったせいもありますが 第8話「追憶の幻想曲 ~fantasia~」 第9話「子狐の子守唄 ~berreuse~」 第10話「丘.. Weblog: innocentkyk racked: 2006-12-13 23:54
  • 【感想】『Kanon』第10話「丘の上の鎮魂歌 ~requiem~」

    Excerpt:  あけましておめでとうございます。 今頃になってからのTBをお許し下さい。 今年もよろしくお願いします。 Weblog: 『遍在 -omnipresence-』 racked: 2007-01-04 00:07