コードギアス 反逆のルルーシュ【第8話】

先週は敗走しましたが、今週は凛々しいルルでした。
シャーリーとミレイ、ニーナは河口湖へ女同士の旅行。
ルルは先週のラストで叫んだ自分の軍隊作りのため、カレン様擁する新宿のレジスタンスの懐柔工作。
道楽貴族からくすねた、メガキャンピングカーをアジト(正義の味方言うのに「アジト」・・・)として提供し、手を組む仲間だと表明します。

そこで、レジスタンスの一人が点けたテレビから飛び込む、河口湖での日本解放戦線の起こしたコンベンションホテル人質事件の報道、犯人からの映像にはシャーリー達が映し出される・・・

ブリタニアはコーネリア自ら、事件解決に当るが、唯一の救出ルートであるライフライントンネルを利用した作戦も、日本解放戦線の用意した雷光の超電磁式流散弾頭銃砲の前に挫折。
現在はまだ日本解放戦線には気づかれていないが、人質の中にサクラダイト会議に立会っていたユーフェミアの存在もあり手出しが出来なくなっていた。

アジトではレジスタンスが引越し作業、テレビを眺めコーネリアの動向を訝しがるルルに、レジスタンスモードのカレン様が人質について心配そうに質問、ブリタニア人を生かしておく理由はないに表情が学生モード。
次に扇要が箱を持って質問に、中には衣装があり「これってカッコ良いとは思うんだけど、俺達レジスタンスだし・・・」と遠まわしに遠慮しようとしますが、ルルは私達は正義の味方だ!と言って有無を言わせません、ちゃんとセンスについて言及しないとダメだよ。

解放戦線の要求に返答しないブリタニア、焦れた解放戦線が見せしめのため人質に手を掛け始める、30分毎に屋上から突き落とし始めたのだ。
そして、遂に動き出すルル、報道局の中継者を奪って軍が包囲する人質事件現場に赴く。
行く手を塞ぐコーネリアに、ルルはユーフェミアが人質なのを言い当て、ユーフェミアを救うと宣言、堂々と解放戦線の待つホテルへ向かう。
画像


その頃、人質のニーナが解放戦線の兵士に向かい、わざわざ「イレブン」発言をして怒らせる、見ていられなくなったユーフェミア、首謀者に会わせろと自らが名乗り出る言う行動に出る、事態悪化。

そしてルルは、首謀者草壁と対峙、手を組むつもりは無いかと言いながら、「日本人がまだ死んでいない事を、内外に知らしめるのだ。」とルルの質問に答えた草壁に、お前らは古い発言。
草壁を怒らせた上でギアスを発動、「死ね」と命令。
部屋の前で銃声を聞く、連行されたユーフェミアは、開けられた部屋の中に自害した草壁と、その中に立つルルを見る。
ルルを前にユーフェミアは、クロヴィスを殺した理由を問う、若松皇帝の子だからと答えたルルは、あなたもそうでしたねと銃を向ける。

一方、スザクはイレブンという事で、作戦に参加できず待ちぼうけを喰らっていたが、ライフライントンネルで囮としてニルバーシュを駆り出撃する、狭い空間での超電磁式流散弾頭銃砲の回避率は47.8%なれど、無傷で避けきって、バリスにて雷光とホテルの基礎破壊を完遂する。

沈むホテルの窓にルルを確認するスザクだが、ルル率いるレジスタンスの仕掛けた爆弾が起爆、ホテルが崩れ始める、完全倒壊したホテルを前に嘆くスザク。

そこでルルの放送声明、ホテルに捕われていた人間は救出したと、救出された人の映像を映し、次いで自分達を映し『黒の騎士団』 と名乗る。

武器を持たないものの味方であると始め、クロヴィス、草壁への制裁の理由を述べ、「力有る者が、力無き者を襲うとき再び現れるだろう、例えその敵がどれだけ大きな力を持っているとしても、力有る者よ我を恐れよ、力無き者よ我を求めよ、世界は我々黒の騎士団が裁く。」と締め括る。
画像


カッコイイッす、社会が閉塞した状況で称えられる人物像です、先々週、先週のギャグや敗北者と同一人物とは思えません。
しかし、そろそろナナリーには声でバレても良さそうですね。

次回は8.5話らしいので、総集編?

あっ、オレンジが出てない、オレンジ畑任務か?

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック