夜明け前より瑠璃色な【第8話】

達哉最低すぎて、話にならない。
声を聞くだけでもムカついてくる(オイ

本人は覚悟があるといいながら、ダダを捏ねている子供と同程度の達哉、状況や周りを考えていないからこそ出る覚悟の言葉は醜悪です。

それは当然カレンに指摘されます。
それ以前に王にとりなして貰おうと、カレンに頼むという人任せな態度は如何なものか?
夢想家ならそれだけで、許せません。

カレンの指摘に、フィーナと一緒なら乗り越えられると言う達哉、こいつは自分の力で何とかしようと言う気は無いのか?

だが、人の良いカレンは、温情で達也のテストをする提案をします、剣術でフィーナとの手合わせの結果で結論を出すとのこと。

以降達哉の練習が続きます・・・
周りの者も良く付き合うよホント。

一週間の修行の末、月明かりのみ?での試合は行われ、当然負ける達哉。
勝って泣くフィーナに比べ、負けて笑う達哉・・・信じられません・・・

この結果にも、カレンは支援を表明します・・・不幸な人間がどんどん増えていく、悲しい作品。

なんか達也は王族になる気が満々で、様々な欲だけが目だっているのですが・・・

取り敢えず、今週でバカップルが完成してしまったので、リースの活躍に期待いたします。


しかし・・・達也が、応援されるに値しない人間と言うことが、何より作品を貶めている気がしてなりません。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月23日 15:56
原作の良い部分を端折りすぎなので、達哉がダメ人間に見えるようです。

例えばカレンに指摘されるシーンですが、
原作では王として国民を取るか、家族を取るか、究極の2択を迫る質問をされます。
当然正しい答えは一つではないので悩みますよね?そこでどのように問題を解決するか、カレンは見るのですが…。

試合に負けて笑う達哉にも、きちんと理由があるのですが、そこに至るシーンが高野さんの登場でカットされてるんですね。

原作では達哉もイイやつなんですがねー。
アニメはほんと最悪です('A`)
夢想家
2006年11月23日 16:48
flain@アニヲタキング様、コメントありがとうございます、また何時もTBお世話になっております。

色々良質なエピソードを抜かされているのですね・・・
原作を知らないので、その辺が判らず、視聴ながら感想書いていたら、こんな感想になってしまいました、原作者の方や、ファンの方には申し訳ない文章だと思います。
しかし、原作を知っていたらもっと許せない事があってギリギリしそうです、作画もままならず、あまつさえ原作の良いところが割愛されたのではたまったものではありませんね。

1クール使ってフィーナエンドだけを追いかけるのに、なんでココまで浅い作品になるのか謎です。
2006年11月27日 21:15
TBありがとうございます。

私も原作は知らないのですが、
達哉、ちょとどうかと思います。
作画のレヴェルが達也のレヴェルを表しているような気がしてなりませんw

でもキスシーンはよかったと思います。あのへんだけ原作レベル?

では。
夢想家
2006年11月27日 23:12
ちゃむ様、此方こそTB及びコメントありがとうございます。

作画レベルに関しては、要らぬ心配してしまうレベルですよね。
現在のアニメの商業モデルはTV放送をCMとしてDVDを売る事にあるのに、この絵を見て買う人が居るのだろうか?とか・・・

シナリオに関しても、かなり原作から劣化させられているみたいですし、この作品のアニメ化は誰か得することが出来たのでしょうか・・・

キスシーンですが、原作はまだまともに見えるアニメOPより、さらに良いみたいですよ・・・なので至極残念です。

この記事へのトラックバック