護くんに女神の祝福を!【第7話】

やっぱり隠れてセーターを作っていた綾子、綾子に相手にされずに寂しい思いをしていた護だが、それを貰えて自分の愚かさと自分の用意したプレゼントが壊れていて渡せないことに涙する。

そこに先週から登場の、エメレンツィア様が現れパンツを晒します、陰影鮮やかに描かれたシマパンでした。
画像


エメレンツィア様は兄からの伝言を持ってきたのだが、何の能力もなさそうなチビで、意志も弱そうで、グジグジした腑抜けで、女の子を守るどころか守られるようなヘタレによって、尊敬すらしている綾子が堕落しているのを見て憤慨し心を痛めていました。
エメレンツィア様の怒りは万人が理解する事で、綾子にそれを知らしめるために戦いを仕掛けます、「あなたのような気高く美しい人に他の人間は必要ない、むしろ誰も寄って来ない、生涯独身で恋人も出来ず老後は孤独に生きていくのだと。」のような姿に戻って貰いたいと。

戦いが始まり、綾子の指示通り逃げる護だが、エメレンツィア様の手下に捕まり足を引っ張る、助けに入ろうと隙を作った綾子はエメレンツィア様によって気を失わされます。

事が終わり、開放された護、綾子の下へ行き「綾子さんは誰よりも強いんだ・・・お前達なんかに負けていない」と、不自然な力を使い綾子を蘇らせます。

蘇った悪役は弱くなるが、蘇ったヒーロは強くなるという鉄則でエメレンツィア様をねじ伏せ、エメレンツィア様よりプロイセンの魔王の伝言を聞きます、綾子をお嫁さんにするために迎えに来るそうです。

その後、護はエメレンツィア様とお風呂をご一緒したり、プレゼントを直して貰ったり(直っていたらしいが)します。
画像

エメレンツィア様はサービス満点で最高です、いつになったら「にょ」と言ってくれるかもワクワクして待っております。

護の妹がエメレンツィア様の起した雪崩の影響で、別荘が外界と閉ざされた中、尋常じゃない様子で護の下に行こうとします、うず高い雪の壁を素手で掻き分けて、原作を知らないので逸美の行動はいかなる感情から生まれているのか疑問です。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック