美しい夢想家-BeautifulDreamer-

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀色のオリンシス【第11話】

<<   作成日時 : 2006/12/15 17:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

ミスズを拐わかし、まんまとゴルドの力を手に入れたらしい執政官、威厳も何もありゃしない、先週死んだと思ったボルドが生きていましたが直ぐ殺されました。

ただ、シナリオ上死ぬ時にオリンシスシェル発生装置に特攻し破壊したようです。

オリンシスシェルが無くなり、木連の子供の落書き艦隊が好機と言って月軌道内に進軍を開始、地球の衛星軌道にやってきます。

そして、ズィルバーを発見した落書き艦隊は、自分達が来訪者なのに所属を問うという真似を平気で行います。

トキトはその問いに対し正直に、ミスズを取り戻してコウイチに会うんだ敵ではないと答えますが、艦隊提督は禁断のオリンシスマシンであると気づくと問答無用で攻撃命令を下します。
攻撃され、文句を垂れるトキトだが、その前で落書き艦隊が爆発し始めます(もうこの辺夢想家は爆笑してました)。

ゴルドが接近、落書き艦隊を攻撃したみたいです。
執政官は名乗り、侵略者を殲滅すると通達すると職責をまっとうします。
逃げる落書きに追うゴルド、そこにズィルバーがシンのように「やぁめろ〜」と体当たり。

そして、イっちゃたミスズとの痴話喧嘩が禁断の兵器同士で行われる。

一方地球ではレジスタンスが、空への扉に到達するが、ヨウスケ達の帰り道を護るためセレナが立ち塞がりシュヴァルツを駆ってレジスタンスと交戦します。

ヨウスケ一行が空への扉を出ると、逃げた筈の提督が乗艦する落書きが居て、またしても所属を問います。
今回は付き合いの良いブラちゃんがいたので、それに応えて乗船、ブラちゃんを出迎える司令官が、さっきとは人が変わってて・・・もう、どうしましょう、どうしたらいいの夢想家笑い死んじゃうよ。

合わせたい人が居ると言い連れて行かれると、・・・ボルフが死んでないよ〜なんで居るんだよ。


どこを、どうやったらこんな作品が出来るのか、ある意味感動しましたよ今回は。
来週最終回ですが、何が起こっても有りな設定は今週で判ったので、なんか予想の出来ない最後が待ってそうで期待しちゃいますよ。

にほんブログ村 アニメブログへランキング参加中です、皆様のワンクリックが原動力です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
銀色のオリンシス 第11話「緋色の宇宙」
テアの元へ行ってしまったトキト。ミスズの心は打ち砕かれ、 憎しみのまま導かれるまま執政官の元へと堕ちてしまう。 一方ミスズを追ってきたトキトらは軌道エレベータを抜け 宇宙へ出たところで木製艦隊に囲まれてしまうのだった・・・感想参ります。 ...続きを見る
ミナモノカガミ
2006/12/16 02:03
+?????????11?+
?11???????? ? ? ??????????????? ? A?????????? ? ???????????? (((( ;&?&)))) ? ? ?????????????? ? ??????????????????????? ?? ? ????? ?????? ...続きを見る
??????????
2006/12/19 02:27
銀色のオリンシス 第11話・「緋色の宇宙」を見て一言
 …ダメだ…話が急すぎて理解できねぇよぅ…誰か簡潔な今までのあらすじでも書いてくれないものだろうか…こんなに理解できないのは久し振りだぁ… ...続きを見る
サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪...
2006/12/19 10:26
銀色のオリンシス第11話「緋色の宇宙」感想
なんか盛り上がってるこのアニメ。なんだかわからんうちにクライマックスが・・・・???【送料無料選択可!】銀色のオリンシス1[CD付限定版]/アニメ早速感想。いきなりボルフが死んだ〜よ!!・・・と思ったら生きてるし。びっくりですよ。そういえばボルフも木星のなん... ...続きを見る
accessのweb飛行機写真館
2006/12/19 23:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銀色のオリンシス【第11話】 美しい夢想家-BeautifulDreamer-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる